2015年11月15日

読んだマンガ その2

[ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)]
・今月2巻が出るというので買ってみた。うーんなんともいえない感じが。2巻は読んではみるけどおれの嫌いな感じで嫌いな風に展開している。たぶん、どういう風に展開しても「ああそういうのか」ってなりそうな感じが。
・ごめんなさい。2巻を読んで意見が変わるかもしれませんが1巻読んだ時点ではこんな感じです。

[眠れる森のカロン(1) (ヤンマガKCスペシャル)]
・これもなんとなくこわいものみたさで買ったのですが悪い方に予想が当たった印象。かわいい絵ではあります。グロテスクがそれにくらべて弱いのでコントラストがあまりはっきりしない感じ。
「ランド」にも通じるところがありますが、どこなのかだれなのかなんなのか? 5W1Hの法則に合わせないで展開していく話は相当いろいろなところをしっかりしないとすぐに芯がブレブレになってしんどいことになっていくと思います。それだけにハマると大きいのだけど、両方とも今のところハマってませんし、カロンのほうは別にいいかなと。

[僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックス)]
・アニメ化が決定したそうでおめでたいですね。フロッピーこと梅雨ちゃんの活躍が弱かったのに6巻は通しておもしろかったです。悪役が気持ち悪くて強いってのが大きいですよね。
・ノッてます。これから10巻まではずっとおもしろく展開しそうです。おれの今の最大の注目点はアニメ化時の梅雨ちゃんの声の感じですけどね。

[働かないふたり 6 (BUNCH COMICS)]
・ニート兄妹のgdgd日常ショートギャグ。これが6巻にして2人投入した新キャラ2人がすばらしい。
・1人は妹の同級生。182cmの超気弱で喧嘩っ早いという。もう1人は兄の友達の彼女。妹をいじるのが上手。これで急加速でおもしろさがました。テコ入れ大成功っすかね。
・これで妹がニートになった経緯とかも語られそうだよなあ。ちょっと暗いなにかがあるかもしれない。でも、それやると現在ののほほんとしたノリが壊れるのかね。微妙な感じ。

[プリマックス 1 (ヤングジャンプコミックス)]
・ちょっと気になっていたけど上のガキが買ったので渡りに船と読んでみた。女装してアイドルの踊りを踊る男3人組の話ってか。「あーそういうのか」と思って読んだけど予想を大きく上回りおもしろい。
・このマンガのおもしろさは、女装して踊ることの「カワイイ」を追求しているところ。世の中を覆ってる「カワイイ」至上主義がより明確になっていて読んでいて気持ちがいい。
・2巻もちょっと読んでみたい。

[小森さんは断れない! (4) (まんがタイムコミックス)]
・たのまれたら断れない小森さんを中心とした少女4コマ。中学卒業編。中学卒業をけっこうねちっこく長くやっていた印象のある4巻でした。
・これが作者の主力作品ってことになるんでしょうかね。アニメ化もしてますし。ヒロインはパイオツカイデーではありますが中学生だしあまりそれを全面に押し出してません。作者はパイオツカイデーが魅力ではありますけどそれを全面に押し出さないほうが売れてる印象がありますね。「おじょじょじょじょ」とかも。

posted by すけきょう at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

読んだマンガ(タイトル統一) その1(ナンバリングも最初から)

[めしばな刑事タチバナ 19 (トクマコミックス)]

・登場キャラの村中ちゃんがカワイイから読んでるなと思う。おれには萌えマンガ。19巻はおにぎり編で、直接本編には関わらないけどつまらなそうにおにぎりを食べるシーンがかわいかった。水着よりこういうのがいいなと思うのです。
・あちこちで書いてますが、入院していたときの看護師にそっくりな子がいてお気に入りだったのです。それを思い出すわ。最近村中ちゃんが巨乳化してきてますます似てきてな。
・各方面に名盤のジャケバロがありますが20巻の予告がスパークスの「キモノ・マイ・ハウス」ということはわかりました。

[ワンダーランド 1 (ビッグコミックス)]

・はじめて買う作者。「カッパの飼い方」なんか描かれてるってことは知識として。
・ある日突然街の一角で人が小さくなる。そこから脱出を試みる少女の話。ゾンビのかわりに猫やカラスが天敵。両親は飼猫におもちゃと思い殺される。で、飼い犬は自分に忠誠を誓っているのでいっしょに旅すると。
・ゾンビなんかのパニックモノがたくさんあるところで新鮮。おなじみのショッピングモールはヒャハーな人がシンナーをやってラリラリ状態でリモコンのクルマに乗って搾取してる。
・2巻以降に不安もあるけど、1巻は新鮮でよかったわ。

[変ゼミ(10) (モーニング KC)]
[変ゼミ(11)<完> (モーニング KC)]

けっこうな大河作品でしたね。ポップな変態マンガというところで、なんか途中からわりとどうでもよかったですが、いい感じのカオスエンドです。教授の元ネタ(飯野賢治氏)が亡くなられてからなんか不思議な気持ちでずっとみてました。
次はわかりやすいエロか、最近あまりみなかった「マフィアとルアー」路線がええなあと思う。

[レイチェル創々 (ビームコミックス)]

・白人でボインで露出狂の気がある天才美人科学者とその発明に振り回される日本人助手の話。思った以上にエロ寄りでたまげた。21世紀の月刊マガジンの「ルナ先生」枠といいますか。
・おっぱいを描くエロマンガ家は大きく分けて2種類いると思います。「みる」「さわる」と。この後者のほうだなあと。さわるシーンが生々しかった。

[ジャバウォッキー1914(1) (シリウスKC)]

・やっぱおもしろいねこの方。ノブナガンもエリア51もちょっと未読がたまりつつあるけど読むと圧倒的におもしろいアクションと黒と白のスタイリッシュな画風。そしてガイーンって感じで有名人が登場する感じ。
・今回は1914年で、前作の「ジャバウォッキー」から少し時間が経っております。第一次世界大戦のころの若き恐竜&人間の弟姉が活躍。有名人として嘉納治五郎氏が登場してしびれる。
・未読も読もうそうしよう。
posted by すけきょう at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする