2017年01月24日

ゴールデンゴールド(2) 堀尾 省太 (講談社モーニング KC)


1巻のときでもおもしろかったけどまだどう転ぶかみえてなかったから判断は保留していたんだけど(このマンガがすごい!WEBのランキングには載せなかった)、2巻おもしろいわ。
離島に住んでいる中2の少女がフクノカミを拾う。すると不思議なことが起こるというざっくりしたあらすじでお願いします。
1巻も2巻も丁寧にけっこう遅めのテンポで話が進行する。ただ、薄らぼんやりと「なにかある」っていう誰しもが持つ予感は2巻でピントがカチッと合う。これがなかなかに「うわっ!」ってなった。
前作「刻刻」でもそうでしたけど、「絶対になにか起こる」って思わせる描写は本当に上手ですよね。随一の演出力ですよ。
まだまだ展開がどう転ぶかわからない。じわじわと動いていく先にはロクなことがなさそうだけど読まずにいられない。
posted by すけきょう at 18:09| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする