2017年06月19日

働かないふたり 11 吉田 覚 (新潮社BUNCH COMICS)


すばらしい。またいろいろと突き抜けた感じがありますね。
ニートの兄妹とそのまわりのユカイな仲間たちの日常ショート。
11巻は話がいろいろと進んだ。ニート兄の友だちの丸山とその家族の話、妹の友だちのユキちゃん一家の話。ここいらがページ多め。
でもそれよりも個人的には兄妹の父親の会社のOLさんと兄の出会いですね。もともと接点はあったんですけどはじめてちゃんと会って話をしてって、なんだかそれだけのことなのに「うぉおおおおお」ってなるのは不思議ですね。というか、それだけこのマンガの登場人物たちに夢中ってことっすか。
あとはアップ時に女性陣をかわいく描くようになったね。前巻くらいから画風もちょっと変わったけどこれがまたいい。

ここしばらくは、かなり思いきってシモネタにふったのとか、描きたいものを描いておられておれは好感。amazonでシモネタアレルギーの方にダメを出されていたけど、おれは好感。とくにおたふく風邪明けに描かれたかなり思いきった超巨乳キャラはおもしろかった。突き抜けた感がスゴイ。「描いちゃったもんねー」感というか。

相変わらず単行本特典としてシールを封入してるのもエライなあ。(しかしぶっちゃけこのシールのニーズはどんなもんやろか)



posted by すけきょう at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする