2018年01月08日

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(16) 福本 伸行(講談社 ヤンマガKCスペシャル)



おー、今回ちょいと長いよな。やっとワンポーカーは決着した。このあとまだ続くそうな。
相変わらず1巻あたりにかける時間が短い。サーッと読み終わる。それはそれでいいし、まあまだギリその値段に見合ったものはあるような気はする。
今回の和也は敵キャラ史上でももっとも深く描かれていたしな。実質ラス前のボスだしな。
しかし、なんていうかなぼんやりとみえている「本スジ」はどうなっていくんだろうな。おれが生きているうちに決着がつくことがあるのだろうかね?
カイジは大金を持って兵藤と対決するってことになるんだろうか。

んま、つきあえるうちにはつきあいます。今度は和也のスピンオフがあったりしてなあ。少年和也みたいの。



posted by すけきょう at 22:35| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする