2018年05月19日

たのしいたのししま(1) 大沖(講談社 講談社コミックス)


アンソロジーなどでは名前を存じ上げておりますが単品で買うのははじめてです。
4コマの方なので、ストーリー4コマで展開します。
離島に転校することになった東京出身のシティボーイと愉快な仲間の島ライフです。
8歳の村長がいたり、箱みたいな猫がいたりと、多少の「なんじゃそりゃ」がありますが基本は離島あるあるを中心にのほほんと展開していきます。

たとえば、釣り。旅行にきた旅人が捨てていった釣り針を拾ってそこらへんにあるフジツボを砕いた中身を餌にして釣るって。
ときおりのあるあるがリアリティ満点なんだよな。作者も離島出身だそうだし。

「のどか」しかないのにのどか感があまりないのもおもしろい。基本3人でダラダラ話してるってシーンも多いのにそんな「のどか」でもない。

味わいあるよなあ。誰も傷つけないタイプの笑いであり、少ない登場人物と「なにもない」が特徴の島で話をもたしてるんだもんな。

1巻は妙にストーリー的な「ひき」があるけどそれがどうなるんだろうと。まちがえても「ゴールデンゴールズ」や「サマータイムレンダ」みたいな同じ島モノでも同じサスペンスホラー仕立てになるってことはないんだろうな。


posted by すけきょう at 23:39| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人形のアサ 1 木材石材(キルタイムコミュニケーション ヤングアンリアルコミックス)

人形のアサ 1 (ヤングアンリアルコミックス)
Posted with Amakuri at 2018.5.16
木材石材
キルタイムコミュニケーション

引きこもりの少年、発作的に出た森でラブドールを自称する少女と出会う。そいで同居がはじまると。
自称とはいえドールなのは疑いようもないファーストシーンがあります。実は、そのあとラブドールらしさは急速にナリをひそめるということはネタバラシになりますが書いておきます。
こういうときにいくつかあるパターンのひとつ、少年がゴリゴリの童貞なので手が出ないのと手が出ないくらいナリが幼女と少女中間点くらいなのと、あと少女がとにかく「変」だから。
どう「変」なのかは読んでいただくとわかりますが、以降、ラブドールという設定はものすごい勢いで「ああそういうこともあったねえ」レベルになり、ちょっと変な美少女との煮え切らない少年とで引きこもりライフが繰り広げられるという寸法でさ。
執拗に書き込まれた背景、素っ頓狂な少女ってことで、すごくぶっちゃけると「よつばと!」を連想してもそんな筋違いではないと思うんですよね。

ただ、よつばと!と画期的にちがうのは引きこもりの特性である、「夜行性」ってのが生きていて、全体的に夜から早朝って感じが出てます。その風景描写に心を奪われるのです。
そこが最高に気に入ってるので2巻も買います。あんまりドラマチックな展開はなくてもいいなあと思いますのでサクサク設定を消化してこの不安だけど美しい夜明けのような雰囲気を描き続けてほしいと思うのですね。ああ、そういう意味じゃ「少女終末旅行」も連想するかね。素っ頓狂な下限はユーリを思い出すし。


1A45611A-D2F0-43D7-93AF-30120170E077.jpg




posted by すけきょう at 18:35| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする