2018年05月27日

ゴールデンゴールド(4) 堀尾 省太(講談社 モーニング KC)


あー、前巻に引き続き「重く」なってきているなあ。
すべて必要な絵やセリフなんだろうけど、もっとすごいシンプルなところで「動き」がほしいなと。
たとえば4巻でいうと刑事を脅かすところみたいなアレよ。
あと餅まきのところもよかったけどさ。

じわじわと事態がおかしなところに転がっているのはよくわかるし、たぶん、1巻から通して読むとそんなかったるくもないのはよくわかる。
だから、「単行本が出るたびに読む」ってスタイルが1番不利な作品ということなんだよね。雑誌連載のタイミングか、完結してからまとめて読むとそういうことはない。それは「刻刻」のときも十分わかっちゃいるんだけどね。
そうだよ、「刻刻」は特異な環境下にあったから緊張感がつづくんだけど、本作はそこそこ人がいる離島が舞台だからわりにぬるいんだよな。ずっと不気味な雰囲気が漂ってはいるんだけど。
でも、そろそろ派手な終い支度を始めてほしいとは思った。



posted by すけきょう at 22:46| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻に恋する66の方法(4)福満 しげゆき(講談社 イブニングKC)


妻かわいいマンガも順調に巻を重ねてますね。作者はあとがきで「売れてない」と毎巻書いてますが。
いよいよ4巻ともなると時事や福満氏の持論を語るとかそういうのもなにもなくなってきて妻の観察日記に磨きがかかっているような気がします。相変わらずおかわゆい。
2人のお子様の観察マンガもあります。お子様も3巻にも増してかわいくなってきているな。
以前より「ただ妻の状態を描いてていいのか」って悩みがあっていろいろ書き加えてたけど、このシリーズはもう完全に吹っ切れて「妻愛してる」マンガになっているのは正解かと思います。あといいのは毎話、妻がひとこと書いていることですね。これは単行本だけのお楽しみかしら。「中国嫁日記」からいただいたんでしょうが、いいことだと思います。コメントのセンスがいいですね。

あと妻のひと、全体的ユルキャラというか、ユルく丸く(体型ではなく)なっている気はしますね。それがまたいい。

ということでその反動が純創作のほうにきすぎてるきらいもあるけど、本シリーズはまた買いたいと思います。










posted by すけきょう at 10:34| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする