2018年08月10日

プラネット・ウィズ 1 水上悟志(少年画報社 ヤングキングコミックス)


現在(2018-8-10)絶賛放映中のアニメです。
4年だか5年がかりでかかれた1000ページオーバーのネームをもとにしたオリジナルアニメシリーズを本人が漫画化したというものです。同じネームをもとにしてるだけあってアニメのコミカライズとしてのシンクロ率は他のものとは比較になりませんね。しかも、すごく新しい手法。

1巻はアニメにして2話のひきくらいまですね。このペースだとコミックは全6巻とか?

記憶喪失の少年。気がついたら謎のメイドさんと先生と呼ばれる謎の大きな猫と暮らしている。そして世界に異変が起きる。突如海上に現れるなぞの物体。それに戦いを挑む7人の戦士。そして少年の敵はその7人の戦士だった!みたいな。

アニメは現在最高潮にいいところ。序盤や中盤でクライマックス級の盛り上がりになるのが水上悟志パターンであるがまさにそれ。

絵は「こんなだっけ?」と思ったりもするけど、まあ。

ということでマンガはいい感じで復習になっていいです。


posted by すけきょう at 19:04| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする