2018年08月29日

やんちゃギャルの安城さん 2 加藤雄一(少年画報社 ヤングキングコミックス)


表紙でピンときて、2巻帯の背表紙のところの「発売即重版」なんてあったのでほおと思って。
探し回って1巻ともども読みました。
表紙や裏表紙の絵や情報からは、優等生メガネくんがエロギャルの同級生にエロ攻撃されてドギマギするマンガなんだろうなと。
果たしてそのとおり。そういうマンガです。
ところが、(以下いつもの感じなので省略)

なにがいいかって丁寧。ほぼ2人が登場人物ではあるけどものすごく丁寧に繊細に展開しています。ギャルがなぜ優等生を好んでいるのかわかりませんがことあるごとにベタベタして、最初は「エロいからドギマギする」だったメガネくんも徐々に彼女の人柄に惹かれはじめていくさまを1巻2巻と変遷しているサマを描写していってます。ヤリマンっぽくみえるギャルも実は全然だし、メガネくんは気がついてないけど彼のときおりみせる男らしさに惚れていってますしね。カッコだけギャルで実は純粋って例のやつ。

2巻は夏休み編で、こいつら学校ないのによく会ってていいなあと思いつつも上記の通り丁寧に距離をつめていく。メガネくんは彼女の存在が日ごとに大きくなっていくし、それで惹かれて近くなってくるメガネにギャルもまんざらじゃないしって。好き好きメーターの上がり具合が読んでて心地良い。

2巻に超いいクライマックスが用意されてるんだけど、それも2巻のアタマから周到にあちこちに設定や伏線をちらしてるんだよね。いやあ涙。何回読んでも泣けるわ。

あ、そしてエロアプローチといってもギャルの子はスタイルはいいけどおっぱいがない。でも、ちゃんとエロいしいい感じになってるあたりの画力も確か。表情がいいんだよな。あと身体を近づける感じとか。そいでもって好いてることがよくわかるし、1巻から2巻へとどんどん好きになっているところも「画」としてすごくよく描けてて素直に「いいなあ」と思えるのですよ。

準エロやソフトエロという位置においてもかまわないんでしょうが、すごくいいラブストーリーとして推したいところですよ。





posted by すけきょう at 22:22| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする