2018年09月10日

ヴィジランテ 5 ―僕のヒーローアカデミアILLEGALS― 別天 荒人(集英社 ジャンプコミックス)


ヒロアカスピンオフ5巻。よりクールな感じ。今回はゲストヒーローにイレイザーヘッドとファットガム。表紙に描いてあるからネタバレやないね。
本編より数年前、自警団、ヴィジランテを結成して活躍している3人を描く。とはいえ、5巻では師匠と呼ばれる1番強いひとがほぼ出てない。主人公とヒロインが活躍の巻。大阪にいったときにファットガムさんといっしょに戦うわけだな。
これまであったシリアス展開はちょっと控えめでドタバタとコメディアクションしている感じ。とはいえ、実は、奥に横たわる問題の深刻度は本編を凌駕するんだよな。しかも、本編ともシンクロしているところもあるし。で、数年前からこうだってことはこの作品はハッピーエンドになるのか?なんて考えたりなあ。
そこらへんの構成は本編よりしっかりしているから十分に考えられてはいるんだろうけどな。

考えられてるところというと前記のように奥底に横たわるネタがじわじわと忍び寄っているのがいいよなあ。そのための大阪編でもあるからなあ。またファットガムがかっこいいし、相方の女性刑事も設定盛りだくさんのわりにまとまっていていい。

ヒロインさん(地下アイドル)の歌も聞いてみたいなあ。アニメ化しろ。そういわれてみれば4巻のライブの感じは本編20巻の学園祭ライブに影響を与えているのかしらね。また、本編の作者もベタぼれだもんねえ。絵も話も惚れ込んでいる感じが伝わる。毎巻のイラスト寄稿も力入ってるもんなあ。

とはいえ、ちょっとインターミッション巻ではあるな。次巻の爆発期待。

あ、あと、前々からいおうとしてたけど、ヴィランとヴィジランテって混同しやすいよなあ。おれ、最初、ヴィランが主人公のダークな話かと思ってたんだもんなあ。





posted by すけきょう at 22:32| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする