2018年09月30日

映画大好きポンポさん2 杉谷 庄吾【人間プラモ】(KADOKAWA ジーンピクシブシリーズ)

映画大好きポンポさん2 (ジーンピクシブシリーズ)
Posted with Amakuri at 2018.9.29
杉谷 庄吾【人間プラモ】
KADOKAWA
「2」にはかなり意表をつかれたのです。

pixivにある日電撃的に掲載された「映画大好きポンポさん」。1

[「映画大好きポンポさん」/「人間プラモ」の漫画 [pixiv]]

今もって無料で読むことができる。後に書籍化までした作品は衝撃だった。「これはなんだ」と思いつつも完璧な136ページ。一気呵成に読み終えて、何度も何度も「これはなんだ」と読み返してた。

で、「2」か?と。
そして読み終え思うわけです。これは「2」だなと。

空前絶後の超絶怒涛の映画人。映画を愛し映画に愛されたサンシャイン池崎氏みたいな自己紹介ネタを持つ映画天才少女ポンポさんが映画バカのジーンくんに映画監督を任せて成功させるって1作。スカッとまとめて一気に見終える1。

そして超大作の続編の監督オファーがジーンくんにくるところからはじまる「2」です。
あらゆるところに「2」が仕込んであります。ネタバレに抵触するところがありますが「2」へのオマージュにあふれてます。2倍です。あれが2人だしあれが2倍の4人だしあれが2本だしあれは2回ですよ。
すべてスケールアップの「2」です。それはエイリアンでありターミネーターであり、そして、どうしようもなく「ポンポさん」の「2」になってます。1での様式美すら踏襲しまくっての「2」です。
すばらしいです。1における「新鮮フィー」を賄うにはボリュームという手段を取るのが絶対的なセオリー。あえてそれに抗わない。そこらも含めての「2」なのがまた憎たらしいし食えないのがまたポンポさんの「2」なのです。1であった映画の尺というテクニックの問題を今度は「脚本の書き方」というテクニックに照らし合わせながら最終的にそこに重ねるという。もうなにからなにまで「2」。
で、映画の「続編」愛に満ち満ちた「2」という。

1よりも覚悟と攻撃性が高い「2」だな。文句あるか!という。それこそ、2巻表紙のポンポさんの挑戦ともとれるその表情に伺えますね。

まあ、ここまでやったらそんじょそこらの「3」はできないだろうなあ。え?やるの?映画は続編で成功してるのまだ多いけど3で名作ってちょっとないからなあ。


あーやっぱネタバレ書きたい。書くから買って2回読んでから以降読んで。




追記あり
posted by すけきょう at 23:26| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする