2018年12月18日

ぼくたちは勉強ができない 9 筒井大志(集英社 ジャンプコミックスDIGITAL)


3人の天才の家庭教師をやる秀才男子のハーレムモノ。アニメ化も決まっております(放映未定だけど)。で、アニメ放映の前に終了するんじゃないかってくらい時期的に押し迫ってるよな。3年で受験ってことのわりにはいろいろな学校行事をはじめいろいろなイベントをはさんできたけどいよいよそんなこといってられなくなるような感じ。
実際問題、ここまでマジメに勉強しているし、今巻ではうるかさんが進路に大きな爆弾がセットされる。これからこういうのが増えていくんだろうな。

と、それ以外は相変わらずの超バランスの巻。登場女性キャラを均等に配するメイン回と均等に登場するオールスター回。くわえて、キスマークに悩んだり、ハンバーグをこねてるとき後ろから邪魔にならないように髪の毛を結うとか。あとキャラ全員にメイドカフェで限定店員させたりとかのシリーズ連載化してるサービスのドキドキシーンもほどよく品を保っていていい感じ。とくに髪を結うのいいね。

よくできてるよなあ。アニメのPVちょっと心配なデキなんだけどこのおもしろい原作をいいアニメにしてやっておくれという気持ちでいっぱいや。

あと基本1回完結って実は相当すごいね。




posted by すけきょう at 17:26| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする