2018年12月31日

僕の心のヤバイやつ(1) 桜井 のりお(秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)


「みつどもえ」のひとですね。買おうかなと思ってるとマイドーターが買ったので読ませてもらいました。

陰キャ中2病のTHE典型な少年と、陽キャというよりちょっとファニーでストレンジな美少女。雑誌モデルもやってる同級生。
彼女がまぶしくて中2病がまざって殺意をもったりしてたけど、彼女とどんどんお知り合いになっていくわけです。

ドーターいわく「途中から普通のラブコメになる」と不満げだったけど、おれとしてはそれがすごくよかった。

少年少女が少しづつ「知って」いく感じがとてもいい。まあ、陰キャ少年が彼女を「知って」いくんだね。どんどん接触(実際さわるシーンはあまりないけど)していき、彼女に惹かれていく。

あの少女の行動というか動きの感じが福満しげゆきさんを思い出すのよね。影響を感じられるというか。性差云々の話をするのはどうかと思うけど、福満しげゆき氏の描く女性はそれが長年いっしょにいる妻ですら「オンナはわからない」というところがある。そしてそれこそが魅力の多くなんだよな。だけども、本作の作者は女性なんだよな。だからエキセントリックなところには裏付けがあるなあとは思うけどさ。そこのところが非常にうまく描けてる。これまで福満しげゆき氏の独占市場の牙城を崩しにきてるなあって(そんな大げさなものか知らんけど)。
ただ、反面といったらなんだけど、男の方は気持ち悪さとかが足りないかなとも。心根のやさしい少年だしなあ。それでいいとも思うけど。

クライマックになるバスケットボールが顔に当たって鼻血まみれになって以降のエピソードはすごくいい。

2巻からオレが買います。




posted by すけきょう at 01:20| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良カメコのピラミッド だよね(KADOKAWA MFC)


最近多いTwitterのTLでみておもしろそうと思って買ったパターン。

コスプレイヤーと非モテのカメラマン(カメコ)のリアルな自虐ギャグという感じで。

奥が深い世界だというのがまず。なるほど、アイドルオタクといっしょで「こういうこと」でもなければ美女と知り合う近づける(それ以上はなにもできないにせよ)という機会はないしって。

その中でも一部のカメラマンは気軽にコスプレイヤーと寝たりするピラミッドの頂上にいるし、そこを目指そうと。

たとえばカメラがどんどんすごくなっていくのは、スマホでとると加工できないからいやがる。きちんとしたカメラでとってレタッチして加工したものじゃないとアップしてほしくない(その結果作り物丸出しの画像があふれるんだけどな)、だからカメラには金がかかる一方。

そしてレイヤーに好かれるために様々なノウハウもある。菓子を配って回ったりSNSに早く投稿して話題にしてもらうために命をかけたり知り合いのレイヤーを作ったりとか。

えげつなくリアルな世界。そういう意味じゃすごく人間が描けてる。

そしてそこにあって上記のようにとてつもない美女と知り合いになれるということな。後半に美少女JKが登場する。彼女がちょっといいんだよな。そのモテないおっさんカメコに近づいてくる。いわゆるBL的な興味からくるような変人。でも美少女。うーむ。なんていうかなおれ内の結論とすると「夢がある」わけよ。そこのところがよかった。キャラとしてもいいし。




posted by すけきょう at 01:12| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保安官エヴァンスの嘘: ~DEAD OR LOVE~ (6) 栗山 ミヅキ(小学館 少年サンデーコミックス)


モテたい一心で保安官を営んでるけど、モテなくて事件ばかり解決してしまうエヴァンスの話。

すごく正直に書こうか。5巻でもう買うのやめようかなって思ってたんだ。なんか飽きてきて。
で、6巻はすごくよかったからセーフっていいたかったところだけど正直なところそれほどでもなかった。

ここしばらくの巻であった長編がなかった。けっこう本格的なアクションの回。何回かつづく。これは最初は新鮮だったけど本格的にアクションすぎて逆に飽きるという現象が起こったなあと思ってた。
6巻では残り1/5ほどはエヴァンスの偽物編があったけどこれはかなりいい感じにほどよいギャグを織り交ぜてあった。ギャグもキレがあったし。その前の単発ネタもよかったしな。

もうちょっとギャグにステ振りしたほうがいいんかなーとは思った。あともっとオークレイ出さないとダメだな。ほぼレギュラー化してたけど。あともうじれったいからつきあえよ。あのふたりつきあいはじめたとしても話は続けられると思うんだけどな。

7巻は買います(多分)



posted by すけきょう at 01:11| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンダ探偵社 1 澤江ポンプ(リイド社 torch comics)

パンダ探偵社 1 (torch comics)
Posted with Amakuri at 2018.12.30
澤江ポンプ
リイド社

こうサブカル特有のスカしたマンガのようでいて、実は王道も王道のストーリー。それでいてサブカルのスカしもある。

変身病のある世界。病気にかかるとひとは動物に変身していきついには人間じゃなくなる。

主人公はパンダになる病気にかかる。そこで会社をやめて探偵事務所で働くようになる。そこでの変身病のクライアントの人間模様を描く。5編収録。

1話読み切りでいながら2巻につづくという王道仕様。

すべてが洒脱。ストーリー、キャラ、台詞回し、作画力。それでいて難解ではない。わかりやすさの上に立った洒脱。もっといいかたを変えると、マニアックなようでいてきっちり売れ線にいるというか。そこのところが最高にすごい。

家出娘の調査。彼女は鳥になる病気にかかっている。そこからはじまる1話。

パンダくんと所長との関係。各人の家庭事情、そして「大きなうねり」。なんていうかスキがなさすぎて物語に素直に没頭できる。計算され尽くしてる。

売れるぞ。これは売れるぞ。そしておれはすごい先見の明があったってことにしてほしいです。とてもよかったです。2巻楽しみです。




posted by すけきょう at 01:07| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーザーズ~日本初の週刊青年誌の誕生~(2) 吉本 浩二(双葉社 アクションコミックス)


富山県出身ということもあるし単行本は全部ノータイム買いの作者ではあるんだけど、本作は1巻は買うには買ったけどけっこう寝かせていた。
正直に言うと手塚治虫秘話あたりからの実録シリーズにちょっと飽きがまわってきてたんだな。
ただ、本作はこれまでとはちがう。頭ひとつ突き抜けていた。作者は新しい地平に立っているような快作になっている。

漫画アクションの誕生秘話です。

双葉社が舞台。清水文人氏がモンキー・パンチ氏を見出し、「新しさ」を感じる。そういう時代の移り変わりに合っていると。

2巻ではバロン吉元氏が登場。マンガもそうだけど本人がまた破天荒でおもしろい。
そしていよいよ漫画アクションが始動しはじめるというところ。

本作がこれまでの実録モノと一線を画してるところは、実録でありながら、伝え聞きで描くというより完全なる物語として進行していることだね。現在から振り返っているのではなく各キャラと一緒に時代を歩んでいる。
1966年。藤子不二雄A氏の「まんが道」とはちがう大きな大きな流れ。もっといえば、「まんが道」をカウンターとしての「新しい」を生み出そうとあがいてる人たちの奮闘ですよ。

2巻、バロン吉元氏登場。彼はベレー帽によれよれのカッコに紙袋に原稿をさげた冴えない従来のマンガ家とはちがうというところをみせようと「イキって」ダブルのスーツにサングラス。アタッシュケースに入れた原稿を開いて「さあみてくれ」と渡す。
これまでの編集はその中にあるアメコミを基調とした「新しい」がわからずに突っ返す。それで意気消沈していたけど双葉社の清水氏は「あ、これだな」と。そのシーンに素直に涙が出る。なぜなら評伝でありながらきちんとドラマになってるから。

その後も「アクション」という名付けた意味とか、各編集の熱さとか、キャラが全員イチイチ立っている。全員かっこいい。「新しいものを作る」という情熱で一丸となっている。
それがすごく素直に伝わる。

とくに副編集長がしびれる。

熱いよ。



posted by すけきょう at 01:05| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マコちゃん絵日記(12) うさくん(茜新社 FLOW COMICS)


アニメ化したいのにこのネタはダメだろって考えてしまう意味のわからないおせっかい現象が生まれるのがこの作品なんだよなあ。
もともとはかなり先鋭的なエロマンガ誌で連載されてるアウトもアウトなものだから、そっちの基準でいうとぬるま湯どころか人肌の体温程度なんだけどさ。でも、深夜でもアニメはアウトになりそうなネタが多い。12巻は多かった。

小3のマコちゃんがほがらかにすごす大河マンガです。

12巻冒頭のマンガ家志望の知根ちゃんネタを推してるなあ。オビ裏は全部彼女だし、話と話の間の白紙にいれるイラストというかキャッチも彼女だし。いくつかのパターンをまわしているというサザエさんからのおなじみのやつだけど、たぶん、今後は知根ちゃんのマンガ道ネタも含まれそうだな。

マゲ天、でこぴん対決、ハンハンベア島、小次郎親衛隊などなど。12巻では1番好きな長豪近先生エピソードがうれしかった。あとは、PMSのネタとかセイラちゃんの母親のネタなんかはうれしいところ。

なんのかんの毎巻楽しいけど、リアル小学生読者(もっといえばその保護者)にはばれないでほしいなとは思ったりするな。






posted by すけきょう at 01:00| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンカムイ 16 野田サトル(集英社 ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


アニメは2期が最高のクリフハンガーで終わる。外人さんの反応動画がおもしろかったなあ。ちょうど網走監獄編のクライマックスでさ。そりゃあ止めるならあそこが最高だよな。作画声優展開演出OPもEDもすべてがよかったし。
そこにきて負けずに最新刊がおもしろい。

16巻は各キャラシャッフルのすえに樺太を舞台に追跡劇。アシリパちゃんを追い探す杉元一行。行き着いたサーカスで話題になることでアシリパちゃんにみつけてもらおう作戦でサーカスをやるの巻。

これが史上最高に笑えたなあ。あらゆるギャグをぶっこんでくるけど、基本は変顔ってのがまたすごいな。

ただ、この物語の着地点がわからなくなってきたし、わりかしパターンが確立してきたなあと。そこいらもわかってる作者だろうし、またザクザク展開していきそうだよな。
してみると、作者はちょっとせっかちなところあるよね。ストーリーをグイグイ引っ張っていくことと、読者が飽きることをすごく嫌ってそう。それはすばらしいことなんですけどね。


posted by すけきょう at 00:55| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする