2019年03月11日

猫が西向きゃ(1)漆原 友紀 (講談社)


「蟲師」の作者の最新作。おれはそれをちゃんと読んでないので上下巻であった「水域」のほうが馴染み深い。

フローという現象が起こる世界。不可思議な現象を総称してフロー。そしてそれを調査する会社「広田フロー」の活躍を描くのが本編。

それらがたいがい自然現象ってのがすばらしい。三叉路だったのが七叉路になってたり、表紙にもなっているあわせ鏡の奥に行くことができる。そとの看板がすべて鏡文字になっている等。
それを別に解決しない。不思議だなあ、おもしろいなあってスタンスで迷ったりドタバタする。そのゆるさがたまらない。風景を愛でるマンガ。
自力で問題を見出して解決する物語進行のアクティブさはない。読者にはなんとも不利だしものたりないって方もいるかもしれないけどおれにはそれが思いのほか心地いい。

日常で起こってる、(おれが住んでいるこっちの)日常ではありえない、リアルな「変」。ちょっとした間違い探しのよううなリアルな変。この感じ。なんで起こってるのかどうやったら元に戻るのかもよくわからない。でも、天変地異ってそんなもんだしな。

あとがきまんがにあるように、現代風景の、ガードレールのサビとかそういうことにイノチをかけてる感じが伝わってきて、細部にこそ神が宿る感じあるわー。長く、その空気を楽しませてください。そんな気持ちにはなるね。



posted by すけきょう at 19:42| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんでここに先生が!?(6)蘇募 ロウ (講談社)


毎巻登場キャラがちがえど女教師と生徒という図式は変わらないシリーズ6巻。
今回はホラータッチの不気味で陰キャな女教師が主役。当然のことながらパイオツは相変わらずフニャンフニャンにやわらかく大きいし、エロいです。ここが1番の売りだからなあ。
あとまあかなりぶっ飛んだキャラ設定な分、舞台も学校をほとんど描かないという荒業に。生徒の方も登校拒否気味という設定に。
で、バイト先でエロエロな目に遭ったり、修学旅行で遅れてふたりクルマで合流しようとがんばったり。

でもまあさすがに反則気味だし、これからアニメ化するのになんだけど、そろそろ限界だわなこの設定。なんかちがうの考えたらどうよ?

さきほども書いたけど、1番の売りは大福をレンジでチンしたときのようなやわやわのおっぱい描写だから、そこがあれならわりと設定がどうあれ問題ないんじゃないか。そして逆をいうならアニメ化でそれを描けるのか?って問題もあるなあと。

描き下ろしだろう最後のエピソードはいいのか?ほぼ成年コミックだぞ。つーか、コンビニで成年誌を置くのやめようとかいってるのに「青年」コミックはどんどんエロがゆるくなってる感じあるよな。つーか、いま、「青年」が青年誌読んでないんじゃないか?と思ったりもする。


posted by すけきょう at 19:33| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォーキング・キャット(1)北岡 朋 (双葉社)


ゾンビマンガです。
映画もテレビもマンガもゲームも飽きがくるってレベルじゃ語れないほどありきたりのジャンルです。マンガにかぎるなら、グルメ、異世界に匹敵するほどありきたりです。
なぜ買ったのかというと、男と猫のコンビでのゾンビ世界のサバイバルマンガとあったから。なるほど飛び道具。でもまあそういうのしか興味はなくなるわな。

この飛び道具への冒険はかなり成功だった。

猫といっしょに離れ離れになった妻を探す旅。猫は共闘しない。猫は守らない。猫はエサをねだる。猫はまっさきに逃げる。
そんなのといっしょにゾンビの世界で四苦八苦している。

ギャグマンガっぽくはあるが、あくまで現実に即したリアルな描写。ゾンビはいろいろなバリエーションがいるわけでもないし(1巻時点では)、ゾンビ自体の行動原理や世界についてはすっかり説明が終わっているので謎はない。ただ、妻がいるらしい目的地の島がどんなところかという謎くらいか。

つまり「なにか」が必要なんだなと思う。とくにこんな地獄のような世界で生き抜くために必要なもの。ひとり暮らしが猫を飼う理由をかなり極端な環境で思い知るというかな。そのテーマがいいんだよね。

そして1巻ラスト。これは、かなり、すごい。

2巻が楽しみ。


posted by すけきょう at 19:24| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビールの時間 六月柿 光 日本文芸社


ジャケ買いですらないんだよな。書影みていただけるとわかるけど、中の絵もよくわからないようになってるもんね。だからなんで買ったのだろう。ほんとカンなんだよね。でも、このカンがよかった。まずは自分を褒めたい。そしてこの本と出会えた幸運に対してありがとうといいたい。おいてあった富山市の精文館書店大沢野店にも感謝。

ビール専門店の「BEER CAT」そこに訪れた客にぴったりのビールと奇跡が降ってくる話。1話完結。

全9話。世界各国のおいしいビールの紹介、客のワケあり事情。そして奇跡。
起承転結がきっかりできてることに驚く。その物語の完成度と濃密さ。1ページで今回の登場する世界各国の名ビール情報もある。そいでもってそのビールの特徴がストーリーにからんでいるし、その奇跡も手放しのハッピーエンドばかりでもない、ビールだけに苦いのもある。

ギネスビールを飲めない男。10年前1ヶ月だけ同棲した彼女に飲み方を教えてもらうも彼女は突然行方をくらませる。理由が全くわからない。ショックでギネスは飲めなくなる。その理由が明らかになる「ドラフトギネス」からはじまる。

離婚する夫婦が最後に1パイやろうと店に訪れる。そこで飲む、世界で1番ビールを飲む国のものをたのむ。それが「ブドヴァイゼル・ブドヴァル」。それで終わる。

寡黙なマスターはビールをオススメするだけ。表紙のビールの中に泳いでいるウエイトレス3人娘もビール紹介ページ以外ではおとなしくしてる。

だからストーリーはおもに客と別の客がまわしてるんだよね。それもまた変わってる。

ひきの真二さんに親しい絵柄。なんらか関係があるんでしょうか。親しみやすくも細部はきっちりリアル。

最近はTwitterで部品のような4pマンガをよくみてる(それが悪いわけではないので念のため)のですが、それらになれてたので1話1話がかなりずっしりとくる、1ページ1コマも疎かにできない、構築されて完成されたずっしりとした読み応え。かなり満足。ビールも飲みたくなるわ。飲めないのに。



posted by すけきょう at 19:21| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする