2019年03月21日

古見さんは、コミュ症です。(12)オダ トモヒト (小学館)


信者にとって聖典みたいなもので褒めるしかないですが12巻はちょっといろいろ冒険巻。

古見さんという容姿端麗眉目秀麗なのにコミュ症なJKとその愉快な仲間がおりなすギャグマンガ。

2年の夏休み編突入。1年と2年ではどうちがった夏休みになるかというのが見どころっす。

2回めってのはけっこう大きくてさ。いろいろな行事で2回めをなぞるのは難しい。省略したり別の行事をぶっこんでもいいんだけど、学園モノにおいて、夏休みはどうあがいても省略しにくい間になるからねー。そうじゃなくても美味しいから絶対に利用したいところだし。

で、今回の夏は1巻からいる長名なじみさんを封印しがちという冒険をまず。

コミュ症の彼女との好対照でコミュ力の化物でなおかつトラブルメーカーなので、ひとりいると物語が動くし間が持つ。だからあらゆるイベントに混じってきてる。ところが今回は彼女を抜いて海に行くという大冒険イベントが発動するわけです。それ以外にも13巻でのなじみの出番はかなり抑えてあったように思える。(んま、作者はバランスのひとだから、別のところで帳尻を合わせる感じで、ラストに大活躍するところもあるけどさ)

この海での序盤の盛り上がらなさがまた画期的。この夏は全体的に静かな夏な感じがする。はっぴいえんどの「夏なんです」的な。顕著なのがTwitterで作者が1番気に入ってるというトマトを育てるというネタ。古見さんがひとりでトマトの世話をするというだけの話。お母さん以外に登場人物もいない。

ほかにもラジオ体操に参加するというネタもあった。

これらは、古見さんの成長も物語ってはいえるんだよな。植物を育てたりラジオ体操に行くって、小中学のときにできることではあるんだけど、彼女はずっとコミュ症でそんなことはできなかったんだよな。とくにラジオ体操。だから積年の想いがあるだろうなと。それをはじめてできた。それも1年から只野くんをはじめ友達が彼女に自信をつけて後押ししてきたんだからと。

とはいえ、ここいら地味だしあまり笑いもないのでものたりなくはあるんだけどさ。とくに「あずまんが大王」の功績であり罪である、細かいネタを織り交ぜても読者はついてきてこれるよね的なのがある(きっちりフォローしてきてはいるんだけどさ)。

今回は「静的な夏」を後押しするかのように、山井恋などのクレイジーなノリにするキャラや展開がないのも特徴。
なんというか地味なグループが静かに夏を過ごしている感。そしてたぶんおのおののキャラもおのおので過ごしてるんだろうなあと。

なおかつそこにきてニューキャラ。これも毎巻のことではあるが後半に出てきた小2の知り合いの子。古見さんと同じ家に寝泊まりするという新展開。これを推しすぎの気もする。あざとさがある。ただ彼女は次巻も引き継ぎだから判断は微妙なのよね。そう、今回、次も夏休みだからいろいろと判断保留のところもあるんだよな。あらゆることが前フリとはいえる。

と、いろいろと挑戦されておられる。でも、そろそろ古見さんもコミュ症っぽさはだいぶ失われて、美人だけど超おとなしいくらいになってきている。友達も多くなったし、まわりのキャラもだいぶ古見さんを把握するようになってきているからな。そうなるとキャラとしてはどうしても弱くなるという弱点がなあ。
今回は、只野くんとの萌え展開みたいのはなかった。10巻から恒例の万場木さんと只野くんの萌えシーンはがっちりあるんだけどね。

あと、おまけー。
(折りたたむよ)




追記あり
posted by すけきょう at 14:19| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする