2019年04月29日

妻、小学生になる。 1 村田椰融 (芳文社)




妻に先立たれて10年。小学生に転生して夫のもとに現れる。

[妻、小学生になる。 / 村田椰融 - ニコニコ静画 (マンガ)]

ここで1位獲得中。おれは連載している「週刊漫画Times」をなにげなく立ち読みして発見。

当然のことながら妻の中身がはいった小学生は別のところの子供として住んでいる(1巻ではくわしくはわからない)。夫と子供はしょぼーんとした日々を10年続けている。週3回お弁当を届けてくれる。たまに日曜日デートする。旦那の会社で旦那を悪からず思ってる若いOL(定番っすね)が「彼は実はロリコン?」みたいな嫌疑を持つ。
コメ的なシチュエーションではあるが、もっとしっとりとしてるね。

気弱な旦那、子供も気弱。そして、妻はシャキシャキした肝っ玉母さんなキャラ。

「早速早起きしてお弁当作ってやったわよ 短い手足で一生懸命作ったんだから これ食べてエネルギー補充しなさい!」

こんな感じ。「短い手足」ってのがいいよね。

と、まあ、あのー、うちとこすぎてねこれが。来年奥さん10回忌でさ。娘いるし(2人いるけど)、娘の年齢も似てるしな。あまりにも他人事にならないのよね。おもしろかった。マンガとしてもおもしろいけど、たくさん下駄を履かせて評価してるような気がしてしょうがない。マンガの旦那いいよなあと率直に思う。

ただ、逆に、死に別れた小学生の妻が帰ってきて「それ」を素直に受け入れられることができるのか?と思ったりもするよな。
本作だとあと8年待って妻と結婚したいなんて旦那はいってたけど、自分の娘が「そう」だったらどう思うかって考えないのかなとか。そうならないようにワケありの家庭にするような気はするんだけど、それでもな。ぶっちゃけると、娘の年齢以下とできない病というか。だから18歳の妻と結婚してもなあと。親も納得いかないだろうしなあ。



posted by すけきょう at 15:17| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泥の女通信 にくまん子 (太田出版)


話題になっているみたいですね。4月2冊発売の1冊。初の商業誌連載。
「愛しきダメ女子図鑑」ということになっております。
ドロにまみれてる女子(必然的に男子も)の読み切りショートです。

[恋煮込み愛つゆだく大盛り にくまん子 (KADOKAWA): ポトチャリコミック]

本作も同様ですが、より、図鑑っぽさがありますね。男女の機微ネタに特化していろいろ引き出しをひっくり返されております。

インディーズで話題のバンド、ついにメジャーデビューって感じがありますね。洗練されているし、キレはある。情熱や「やりたいこと」がドーン!って感じは「恋愛〜」のほうがあるね。こってりしてる。

叙情的な「恋愛〜」とポップな本作。そんな雑に分けるのもなんですが目安に。

個人的にはハッピーなエンドがいいですね。かわいらしい絵なのにダークネスなのはズシーンと刺さりすぎて心臓に悪いから。ブライトネスなのも刺さるけどこっちは温かいから。
だから、情事のあと寝コケて起きてノーブラTシャツでコンビニに行くカップル「しょうがねえな夏」がやっぱりいいわー。これで終わらせてくれるのは「救い」でもあるなあと。たとえば、「アツくてギトギトでベタベタを君は無理矢理」とビジュアルショック満点のを最後に置かれるととってもモヤるしな。「ちゅむ」って擬音がすげえよ。

「君は今日も笑って生きる」の過去と現在がスマホのフリックみたいにすっと行ったり来たりする感じとか。
「ききたいきみのはなし」のこれぞ「にくまん子」であり、この手のラブコメショートの王道みたいなのとか(作者はどう思われてるか知りませんが)
「だってずっとずっとずっと友達」の刺さるオチとか。

今後、「恋煮込み愛つゆだく大盛り」と「泥の女通信」は混ざっていくかなと思われます。そして「にくまん子」になっていくんだろうなあと。すなわち今後も超期待と。あとなんだろう?エロシーンが照れる。なんでだろう。


[泥の女通信 | MANGA COMPLEX](有料だけどな)

Twitterだと「よよの渦」が爆裂人気みたいっすね。「恋煮込み愛つゆだく大盛り」のほうに収録。

[恋煮込み愛つゆだく大盛り にくまん子 (KADOKAWA): ポトチャリコミック]






posted by すけきょう at 15:13| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくたちは勉強ができない 11 筒井 大志 (集英社)


アニメがはじまったからみなのかわかりませんがかなり話が佳境に入ってますね。
天才なのに逆にものすごく苦手な分野に進みたがってる3人の女の子に家庭教師をする男の子というハーレムラブコメ。のちに女教師や先輩などもくわわって基本5人で展開。
いまだに追加2人の追加意図はよくわからないけど、雑誌内の人気投票では女教師が1位ということになっているからなあ。基本の3人に化学反応を与えてるのかと思いきやそういうこともないしね。その後のメンバーは空気になっているし、キャラ配分に関してはちょっと失敗してはいるよな。でもそういうことはあることだし。

11巻はそろそろポイントが定まってきていますね。理系の天才で文系はからきしで小型で巨乳のメガネっ子は恋愛レースからちょっとはずれ気味になってきてますね。コメディリリーフっての?そういうポジションに。

大学受験までがタイムリミットとなってるマンガだからいよいよクライマックスではあると思うのですがなんだかいろいろ盛り込もうとしてますね。どうなるんでしょうか。



posted by すけきょう at 15:09| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする