2019年05月24日

彼女と彼氏の明るい未来 1 谷口 菜津子 KADOKAWA


前作「彼女は宇宙一」が今は亡き「このマンガがすごいWEB」のマンスリー(復活希望)でランクイン(5位)した作者による長編。
ちょっと未来。理想の恋人が現れた。幸せの絶頂の主人公。だけどこれまで女運他が壊滅的に悪かった主人公。彼女をどうも信用できない。だからVRで過去をのぞき見できる装置を使用して彼女がヤリマンだったかどうかを確かめに行くのでした。

前作ゆずりのSF〜ファンタジーの流れにありながらもキモは男女間のココロの動きってのは同じで、ちょっと先の未来道具がバシバシ登場するけど、結局、彼女がヤリマンかどうかチェックするって展開はおもしろいな。

ただ1巻のほぼ終わりになってやっとVRをかぶって潜入するってどうなのよ?どういうペースなのよ? なんとなれば星新一氏が今もご健在だったらショートショート30枚くらいでチョチョイのチョイとなんかやっつけそうな気がするでもないんだよな。

ま、ショートショートならね。

それに収まらないと思ったから、もっと具体的にいうなら「勝算」があるから長編にしたわけだもんな(作者と編集は)。それに期待して読みます。あとたぶん同じものがあったらおれも確認してたかもしれないなあと。そうじゃなかったら知らないころの奥さんとか。

細かい未来描写が楽しい。画面が浮かび上がって宙空にフリックする感じはいいよな。



posted by すけきょう at 22:20| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマこんぷれっくす! 3 ビリー (KADOKAWA )



映画バカ3人娘と彼女らに振り回される映画バカ見習いとの映画バカのためのバカマンガ。
アナーキーなようでいて、非常に丁寧に、映画ウンチクと映画あるあると映画バカの奇行を織り交ぜて構築している。
まあ、だからなのか、宿命なのかわからんけど、シネマ部の面々も「映像研には手を出すな」の面々も設定だと、学園のお騒がせ一味って感じなのが、普通に部活動に熱心な感心な方々ってことになってるんだよな。こいつらもわりに映画をみた感想を部室で喋ってるだけ感。

ただ、娘さんたちの懐かないネコ3匹(とちょっとツンデレ1匹)な感じがかわいらしいなあ。巻を追うごとに娘さんたちがどんどんかわいくなってくるのがずるい。普通に萌えマンガになっている。
とりあえず作者イチオシの映画「ガタカ」はみなきゃなと思いつつ10年くらい経ってる(作者にすすめられるより前から気になっている)。


posted by すけきょう at 22:19| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイリ(第6巻)岩明均/室井大資 (秋田書店)


6巻で終わり?なんて思ったけど、コレは文句なしにキレイな終わりではあるだろうなと(アレはどうなったというところもあるけどまあ)。
そして終わってみれば6巻、ずっと素晴らしいママだった。
レイリという少女の数奇な人生を描いてます。たぶんコレ以上は蛇足なんだろうなあ。「あずみ」なんて永遠に終わらない(終わった?)作品を考えるといけないのですが、これは必要十分の活躍だよなあ。少女として、少年として、天才剣士として、ひとりの女として、母として、いろいろなレイリを描いていた。

しかし、本作は表情だな。マンガは表情だね。適時正解の表情を描くことができるならば文は要らない。それをかなり実践されたマンガ。それは原作者である岩明氏ゆずりであるが、本作のほうがすごみを増していたな。とくに勝頼と明智光秀のあの表情。すべて事情と感情を描いてる。絶品。あとラストな。あのレイリの表情。

表情で泣き笑いできるすごさを堪能したよ。

(岩明氏があとがきで書いておられたマンガ担当のもうひとりの候補もちょっと気になるなあ)



posted by すけきょう at 22:15| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水は海に向かって流れる(1)田島 列島 (講談社)


前作「子供はわかってあげない」はとてもインパクトが有りました。その年のNo.1に選んですよ。

[決勝戦 ギガントマキア 対 子供はわかってあげない: ポトチャリコミック]

5年前ですよ。5年前のおれいい文章書くな。

そして田島列島氏は5年後の本作もとてもすばらしかったです。

おじさんのいるアパートに住まうことになった少年。駅まで迎えにきてくれたOLさん。彼女の母と少年の父はW不倫をした仲だった。

前作ゆずりのユルユルとしたキャラのやりとりでありながら重々しい内容で展開する1巻でした。

あ!かなり変速展開の「めぞん一刻」になるんかな。少年とOLさんはつきあったり恋に落ちるのか?うーむ。

そういうわかりやすく収まるところに収まることを期待するものではないような気はしますと、思いつつ、前作はすごくきれいに収まるところに収まったからなあ。

オビや他所の感想をみると、セリフのやりとりがすごいとありますが、スゴイのはそれもこれも含めて、マンガとして成立していることかと。
マンガはその絵の中にキャラが呼吸をして過ごすことができる空間であることがもっとも上等。視点を変えると、読者にとってキャラがいきいきと活躍している場がマンガの中の世界に成立しているかどうかこそが命。

たとえば本作のヒロインの得意料理ポトラッチ丼。これがすばらしい。食べたくもあるし、この料理ができる背景を考える。そしてこんな奇天烈な料理を実践するからこそ、後半にあんなことができるんだなとか。そういう積み重ねも含めての、この漫画におけるこのセリフこのキャラこのストーリーの描画がジャストってことが大事なのよ。
それに関してはやっぱり天才といっても過言ではないな。本作の描画とキャラのやりとりと話はすべてがこの絵でジャスト。
これができないプロのマンガ家もけっこういるよ。
ほしい絵に合わせると画力は変化していくんだよね。でも、逆に、この絵に合う話を作るって方向の方もいらっしゃる。どっちが正解ということはない。そして田島列島氏は後者というわけでもない。ただ、いまはジャストフィット。だからこそすべてが決まっている。



posted by すけきょう at 22:14| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あげものブルース 本 秀康 (亜紀書房)



新作はほぼ1作描き下ろしの作品でしたよ。
カーネーションの直枝氏のツイートで紹介してあり即購入。そしてたぶんそうじゃなかったら手に入れることができなかった可能性大。最近ぶっちゃけるとマイナー出版社のマンガはあからさまに実書店にこなくなっている。ま、余談。

「あげもの」をメインとした1冊。からあげ、天ぷら、とんかつの「あげものメドレー」からはじまり、中編「かりんとう」ときて、さらにまた「続あげものメドレー」でしめるというかっこいい構成。かりんとうも揚げた菓子だもんな。

からあげ、天ぷら、とんかつにまつわる小品が「かりんとう」につながりさらに後日談の「続あげものメドレー」でしめます。
メインは前記のように「かりんとう」です。父との別れを描いてます。これが刺さるんだ。おれも(の「も」はあとがきの作者もの「も」よ)父親とはうまく別れられなかった。というか先に逝った身内3人ともうまくいかなかったなあと思ったり。場数はこなしてるけどうまくいかないもんだねえと。

しかし、その「かりんとう」にしてもストレートに感動作にいかないのが作者の持ち味だな。このずらし方はやっぱり独自。そしてやっぱり素敵だ。

あとがきによるとマンガ版「ホワイトアルバム」を作りたいとのことですが、前記のとおり、かなりなトータルコンセプトアルバムといった感じですが、これまたどうしてホワイトアルバムとなったのかは本書を読み、あとがきを読んでみてください。

よかった。


posted by すけきょう at 22:11| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モキュメンタリーズ 2 百名 哲 (KADOKAWA)



コミックエッセイの手法でうその秘話を話そうというモキュメンタリーズの2巻です。作者・百名哲のドキュメンタリーでモキュメンタリーってことです。はじめて知ったわ。そして最終巻なのね。

最大長編になる3話からなる「有明の月」。流れ流れて「何でも屋」をやっていたときの片桐さんの話。「もしも自分の描いたマンガがひとを殺したとしたらどうす?」ではじまる話よ。

同棲をしてみたいとのことで同じサークルのかわいこちゃんとセックスレス同棲をした「愛なき巣」(いま、書いてて気がついたけど、愛なき巣→愛なキスのアナグラム?)

いよいよ食い詰めた作者がテレビでやってた催眠術師になろう!って話「五円玉の行方」

1巻からの後日談になる「止めろメロス」

うむ。こんな感想どうかと思うけどエモいな。ちょっとドキュメンタリーという枠で考えるとエモすぎねえか?って感じがしないでもない。

ただあとがきを読んでちょっと意見がかわったんだよな。「五円玉の行方」と「止めろメロス」にはある事実がインスパイヤ元というかスタート地点としてリンクされている。具体的にうと実在の人物的なひとがからんでいる。その後の話もまったくちがうしまったく架空のひととしてもいいんだけど。
ただその面々がその後、ちょっとこのマンガよりエモくてリアルで、その昔悪趣味ブームって流行ってたときにある雑誌で多用されていたフレーズであるテイストレスだった。現実はなんともはや現実だ。
そう考えると、モキュメンタリーなんだし、エモくてもいいよなあと。

安心してエモに浸ることができるヨロコビを逆に感じる。有明の月や止めろメロスはエモエモで最高だった。

エラそうぶることもないけど、提案。作者はこのさき10年続く代表作を描いてアニメ化と映画化とされすっかり大漫画家になって代表作の連載の合間にモキュメンタリーズの3巻を描いてほしいなあと。たぶん、それは最高傑作になるんじゃないかなあと。
本作、エモいけど、話の奥行きはちょっと浅い。それを表現するにはもっとページ数が必要だったのかもしれないけど。
ただ、「有明の月」における餓死に至る思考回路ってのはリアルでよかったな。


posted by すけきょう at 22:10| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せカナコの殺し屋生活 1 若林 稔弥 (星海社)


ブラック企業につとめるカナコさんが転職で殺し屋になる話です。

かなこさん普通にバンバン殺し屋家業をマンキツしてます。どうも殺人の天才だったようで初ターゲットが前職のクソ上司といった具合にわりかし気軽にどんどん知り合いも含めてターゲットを殺していってます。

死語になりかかってるブラックユーモアというワードを想起。彼女は悩んだり迷ったりしながらも前向きに「仕事」に取り組んでます。仕事の後の焼き肉最高とかいってます。

コレ別に1980年代、うーん、1990年代くらいまでは「普通」でとくだんギャグ漫画としても普通な感じですが、現代基準ではかなりどうなのよ?って思ったりする。ただ「これ」が非常に効果的でもあるなと。たとえるなら、カミナリの漫才での本気のドツキあいが新鮮でショックなのといっしょかな。

あと表紙のカナコさんの後ろのアレ。アレがまた脱力でなあ。あのセンスはなんなんだ?

さらに展開が。まあ、ラブロマンス的な? そんなことになるの?

ということで妙に目が離せません。ハマるとくせになる味わい。



posted by すけきょう at 22:09| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映像研には手を出すな!(4)大童 澄瞳 (小学館)


4巻を読むまでは1巻2巻3巻で、起承転結の起承転までいったから、いったんの結になるのかと思ってた。まあ、感想文はそういう感じでしめようと思いつつ読んでいたのよね。

あ、3人娘がアニメを作る部活をやってるマンガっす。アニメ化決定で沸きに沸いてる日本列島です。

その起承転結の結は、起承転までに提示された設定語りマンガかなと思っていた。でも、ちがってたんだよな。

設定を考えるのが好きな主人公が「こういう世界を作りたい」ってことでその手法のためにアニメを作る。仲間もできる。そして開眼する。ストーリーが大事って。もっとちゃんと作りたいって。え、そうなんですか?って思ったわ。

設定語りマンガってジャンルかと思ってたけど、作者も登場キャラも「そんなつもりはないんですが」ってことになる。そして全員(作者もキャラも)が有言実行。すげえな。あっけにとられてしまった。

つまり、「起承転」の次が「起」になってたの。ステージが上がった「起」。次がそのステージの「承」なのかどうかもわからないという。恐ろしい話だ。

そして、マンガ内で作られたアニメ「タヌキのエルドラド」がまたいい。これもきっちりアニメでみたい。おお、それは本作のアニメ化で果たせるかもしれないのね。

うむ。次巻が楽しみだ。これまでは改善点ばかりだった浅草氏もさすがに満足するわけだ。



posted by すけきょう at 22:08| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

異世界おじさん 2 殆ど死んでいる (KADOKAWA)


笑った。なんとなればすでに今年最大笑ったかもしれない。1巻のときも書いていたけど、2巻でも同様。それが忖度抜きでそうだから。あらゆるメディア、テレビや映画やドラマやアニメやネットネタのなによりも、声を出して笑った。正確な意味ではないけど、爆笑したよ。それは非常にありがたいことだ。おれは笑うことになによりも飢えている。

異世界に17年もいってきて帰ってきたおじさん。異世界でいろいろな魔法を習得したのでそれを利用してユーチューバーとして生計をたててます。その日常に、異世界での思い出を魔法で映像化してみせます。

異世界の生活のあいだもずっとセガの動向を気にかけてました。そうです、ゲームのセガです。おじさんがいっていた17年でセガはハード製造をやめてソフト提供しているのです。そのことになによりもショックを受けつつ、ユーチューバーで稼いだ金でまたメガドライブやサターンを買っては高いプレミアソフトに手を出して同居してる主人公に叱られたりしてます。
そしてそのセガネタ他に爆笑するのです。
これはあまりうまくないなと。いまどきセガネタってのはあまりに万人向けじゃない。だからこれで笑うのは罪深いなと。おれはメタギャグや内輪受けで笑うのは好きだけど「正しくない」と思うタチなんだよ。変なところで律儀。

ところが本作売れてるみたいね。深夜アニメのCMでたまにマンガを紹介するのあるけどそこで紹介されていた。あれはさすがに人気の出ている作品でしかない展開だしなあ。じゃあアニメ化あるのか?当然セガがスポンサーに付くよな?「ハイスコアガール」にもついてるんだし。

そうなると、海外のアニメファンがほとんど海外では売れなかったサターンを羨ましがるじゃないか。その熱が高まって、ミニサターンの発売も実現か!とすごく夢が広がるよ。

なんだか作品も作者も売れてることもセガも全関係者に「ありがとう」って感謝したくなってくるわ。関係はないけど買ってくれる読者にも感謝したくなる。






posted by すけきょう at 14:04| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひょうひょう ネルノダイスキ (アタシ社)


ボールペンによる細密な背景画、反面、炭酸の抜けたようなネコ的な人物画。キテレツな世界観、予想つかないストーリー。

たとえば、
「コーサ」では柴犬のお尻をクリーニングする仕事をする主人公が、どのように仕事をしているのか細かく説明している。ベルトコンベアに乗ってやってくる柴犬のお尻の穴を綿棒でキレイにする仕事を精密に詳細に紹介する。
「アザーサイド」ではネットで検索した場所に行き死後の世界に行き帰ってくる。全身に入れ墨をほどこし、魂を抜け出すことにより旅立っていく。
「へのへのもへ」は田んぼに現れた謎の巨大生物「もへじ様」を退治するアクション巨編。

ロケハンきっちりしてるだろう現在の日本の背景、誰も想像つかないであろう背景。それらがシームレスにつながっている。

と同時にあらゆるところからの影響を発見する。マンガ、映画、ドラマ、映像、ネットなどなど。固有名詞を出したら100じゃきかないくらい(当然おれがわからないものもある)。それによりすべてから等距離をおいて宙空に存在しており、結果、何年に一度というレベルで得難い独自性を持ち、キラキラ輝いている。

あとがきによると自身は作品を昔話やおとぎ話のように位置づけたいとしている。なるほど、敷居の低さ、そのわりに、奇想天外であり奥深さも兼ね備えている。おとぎ話だ。荒唐無稽、ほら話、そういうところがいい面として作用している。

光り輝きどことなくひんやりするメタリックの表紙。紙質も印刷の感じも独特。編集装丁とってもグッジョブ。

気になった方はぜひすみやかに手に入れておかれること推奨。できるかぎり紙の本で(現時点電書はないが)。ずっと物体として現象として手元においておきたくなる1冊。うーと、もうちょっと盛るならすでにして令和を代表する1冊になっているかもしれない。おれ的には10年に1度レベル。ちょっといやらしい話、10年後に今の価格の10倍で取引されててもおかしくないものだと思うぞ。

個人的には「日々雑感」。ヒップホップなミュージカルというかテンポがよくてなおかつ楽しくこの世界観をポップに彩っていて最高。帯のコメントがスチャダラパーのBOSEさんってのにシンプルに引っ張られているのかもしれないけどとても楽しいし新しいし作者の味が遺憾なく発揮されてるなと。


posted by すけきょう at 13:55| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亜人ちゃんは語りたい(7)ペトス (講談社) & オカルトちゃんは語れない(1)ペトス/橋本 カヱ (講談社)





本編とスピンオフを両方取り上げるのも乱暴ではあるんだけど、この2作品とも非常に密接につながっていて、ともすれば副読本としてのスピンオフどころか、双方ぴったりよりそった本編くらいに感じたので取り上げさせていただきます。それぞれでも話がわかりますが、双方読んだほうが絶対におもしろいです。

アニメ化もされた「亜人ちゃんは語りたい」。亜人と書いてデミと読みますね。ヴァンパイア、デュラハン、雪女、サキュバス等のJK亜人さんがいる学校を舞台とした物語。

本作は一貫して「彼女らは何か?」ということを描いてきたと思います。彼女らの特質をネタにキャッキャウフフな女の子図鑑というスタンスではなくて、彼女らはどうして存在しているかという深いところに入り込んでいて、その考察を延々していた。それとキャッキャウフフの両立。

それが7巻で前者のピークに達した。

ポイントはクビと胴体が分離しているデュラハン。彼女の「首」はどこにあるか?というところからはじまる話がすべて収束する。

そしてその答えからもうひとつ「派生」する。

すなわち、デュラハンの存在をつきつめること、それは「オカルト」に収束すると。ずっと科学的な視点で本編が進行した行く末がわからない人智を超えたところにあるってのは実はすごく「科学的」ではあるからなあ。
そしてスピンオフの「オカルトちゃん〜」よ。つまり、この世にいない亜人はオカルトたる存在になるのではないかと。
前記のデュラハンの首が異世界(異次元)にあるとするなら、オカルトちゃんに登場する座敷わらしは存在まるごと異世界にあるのではないかと。そして、それを「視る」ことができる主人公(本編の主人公たる先生の妹)とともに、謎を探っていくという。

すごく良くできているし、必然的なスピンオフとも思えます。本編のペトス氏に絵も話の「クセ」もよせて、なおかつ本編に沿って展開していき、相乗効果で奥深さを醸し出している。とっても上手いです。えーと、亜人ちゃんの世界のXファイルシリーズとかMMRみたいな。

そしてそれを踏まえての本編7巻の展開もものすごいものがある。新キャラキジムナーさんもまたいい。そしてラストの超衝撃的な結末よ。どうなんのこれ?

ということで目が離せない。ここにきて作品最大の衝撃。



posted by すけきょう at 13:46| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕のヒーローアカデミア 23 堀越 耕平 (集英社)


ついにというか主人公の敵を本格的に尺をとって描き出したな。「先に進むため」ということでこれまできっちり紹介してこなかった敵、ヴィラン連合のメンバーのスペックを紹介しはじめた。そいでもって23巻の半分ほどをつかってヴィラン連合の戦いを描いている。たしかに「その先」にむかった。

前半部にしてもなんていうか少年ジャンプらしいやつが出てきたな。6つのチカラとか。このためのお膳立てとして能力にブーストをかけられる少女と催眠術的な能力を使える少年が追加したのかしら。

そして後半部は、配信の海外ドラマあたりからはじまってきたダークヒーローものが好きそうな作者にはかなりノリノリなんだろうなあ。

個人的にはまっすぐに道をぶっとばしたのをみたいタイプなのでまどろっこしいとは思うけどそれこそその先のための必要な迂回路なんだろうなあと。考えれば考えるほど敵にテコ入れしないといろいろしんどいだろうなと。味方が強くなる分、底上げしていかないとダメだしな。
でも、ま、考えてみれば、プロのヒーローから長年逃げおおせてる分、相当強いんだけどね。

このエピソードが早めに収束することは願います。まあ作者は急いでいるようですが。



posted by すけきょう at 13:40| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクタージュ act-age 6 宇佐崎 しろ/マツキ タツヤ (集英社)



お嬢様が大人買いしたものをイッキ読みしました。いまのところ6巻まで。
幼い頃から父の残した映画のビデオを何度も何度も見続け演技の才能を身につけた天才JKの活躍を描く演劇マンガです。
CMをやり、エキストラをやり、少年少女が出るデスゲームの映画でいい役で出演して、そして6巻では天才演出家と天才俳優と舞台で銀河鉄道の夜をするという展開です。いちおういい区切りまでたどり着きました。

主人公は役に感情移入しすぎるタイプ。そのために台本無視やまわりを無視して暴走する。でも、みんな彼女の演技に引き込まれ巻き込まれる。まあ、天才タイプね。
ライバルの女の子のトップアイドルはその真逆。完全にまわりを計算しプロデュースしてその状況で100の演技をするが中身はまったく持ち合わせていない。

そのほかにも魅力的なキャラが多数出てきますです。

読んで思ったのが集英社っぽくないなあと。とくにジャンプっぽくないなあと。だから「週刊少年ジャンプ」で連載されてるってのがすごいね。どっちかってえと講談社っぽいよねえ。マガジンでもヤンマガでもアフタヌンでもモーニングでもまだ合うような。まあ、講談社の演劇マンガといえば「累-かさね-」があるか。

いろいろある演劇マンガを研究してかぶらないようなキャラ設定をしているような気がします。そのためか、登場する各キャラにいろいろと盛りすぎたような気がします。いろいろな要素。それをかなり丁寧に解説している。ただ、そのおかげで多少「やかまし」くなり主人公がよくわからないキャラになっている。素朴で素直で世間知らずのJKなのに演技は天才でも未熟だから貪欲にいろいろ取り込んで成長していくってラインにいろいろある。他のキャラも同様。

描写はすごい。とくに天才を表現するのに重要な表情がすごい。また表情ですごく語らせている。すごい絵だ。そしてそれを要求する原作にきちんと対応している。作画がすごいが、それを要求する原作もすごい。

丁寧にキャラ描写しつつそれぞれの成長とともにエモい展開になるのもいいよね。

次はどうなるんでしょう。今回で区切りもいい。6巻までの大人買いのイッキ読みオススメします。おもしろかったです。



posted by すけきょう at 13:36| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンソーマン 2 藤本 タツキ (集英社)



週刊少年ジャンプで1番頭の悪いヒーローが登場するマンガの2巻。

不幸を煮染めたような人生の少年デンジ。父親の借金を背負ったのでしょうがなく悪魔狩りを生業としてヤクザに借金を返してきたが、脅威に思われた悪魔に殺されてしまう。でも、一緒に住んでいるポチタによってチェンソーマンに生まれ変わりました。

1巻ではパンにジャムをつけて食べるのと女の子を抱くことを目標としていたデンジくんは、抱かれること(ハグ)とパンにあらゆるトッピングをした最高に美味いを達成して2巻では女のおっぱいを揉むという目標のもと悪魔退治に勤しんでます。仲間もできました。ヤクザの犬だったのが公僕の犬になりました。デンジくんはベストポテト(素朴で純朴なイモ野郎を海外のスラングではこういいうんだって)なので日々頑張っております。

「まあ…俺がすっげえ〜ドカンと頑張れば大丈Vでしょう!」

名言ですね。声に出して読みたいセリフです。アニメで聞きたいセリフNp.1です。

そう!前作「ファイヤパンチ」はいろいろシーキビでしたが本作はアニメ化ねらえそうなポップさは持ち合わせています。それはマイドーターをはじめ女性人気があることからも伺えます。マイドーターは「ファイヤパンチ」は1話よんで「これはきらい」っていってたのが本作は1話を読んで気になったから読ませてくれとなりましたよ。

デンジをはじめ登場人物は馬鹿ばかり。そして強いやつらばかり。強くてバカが大暴れしてるのでもうどうしようもないです。そして悪魔は怖いし悪いしでなんだかシンプルです。

本作は前作よりさらに「複雑」にしていこうとするものをどんどん破壊していくキャラがたくさんで痛快のカタマリになってます。派手なアクションにちゃんとエロい場面もあるし、頭悪いしで、これぞ少年誌のあるべき姿で最高です。
このテンションとスピードを保ったまま完走してほしいと、ファイヤパンチの後半の記憶がないものの願いです。



posted by すけきょう at 13:28| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする