2019年07月08日

鬼滅の刃 16 吾峠 呼世晴 (集英社 )




アニメ化もされて絶好調です。話もクライマックスだし。

ボス戦。味方のボスが余命幾ばくもないので囮としてボスを呼び出して策略にかける。そして総力戦。うおおおおお!たぎる!
と思いきや、それはそれとして「一方その頃」をインサートする。なんだよ!この構成!

構成なんだよ!ワンピース飽きたのも構成が下手だったからだよ!とくに「一方その頃」は慎重に正確に精密にやれ。

キャラはすばらしい、話もいい、設定も独自、でも、構成がまずい。こういう作品が多い。構成ってつまりフルコースの料理の出し方や皿の盛り付けだね。まちがってもないんだけど、まどろっこしいというかなあ。

そして大大前提としてまたおもしろい。憎たらしいことに放映中のアニメがまた最&高なので原作にあたりたくなってる。予習したり復習したくなる。困るよきみ。大幅に困る。

でもまあ戦ってないほうがおもしろいよなあ。戦い自体もすごく練り込んでいることをアニメで追体験て、再確認したんだけどさ。


posted by すけきょう at 14:14| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SPY×FAMILY 1 遠藤 達哉 (集英社)




TLで急激にみかけて読んだらおもしろかったので1巻買ってきたと上のガキに読ませてもらった。なるほどおもしろい。

架空の国(ヨーロッパか)の凄腕スパイ。潜入捜査として子供と妻を用意して学校に潜入しろというミッションを受ける。
孤児院から子供、そして偶然の出会いで妻をみつけると。これがぞれぞれワケアリ。
ということで架空のファミリーは一丸となってお嬢様学園に潜入を試みると。そこまでが1巻。

スタイリッシュでアクションでギャグで素早いテンポでガンガン進行する。相当手練だと思ったらキャリア20年。なるほど納得。

1巻でまだそこまでたどり着かないのか?って気もするけど、それぞれのエピソードは練りこまれているし、毎回着実に前進してるからまあいいかと。無駄な回はなにもないしなあ。

2巻以降も楽しみ。今年の「1巻」の本命候補じゃないか。


posted by すけきょう at 14:12| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする