2019年12月25日

赫のグリモア(3)A-10 (講談社)



待望の3巻。デタラメにおもしろかったな。
すごくざっくりしたネタバレ気味な3巻のあらすじを書くと、ラスボスとのバトル体験版。初回お試し版。ラスボスの強さの片鱗を見せつけるためにちょっと手合わせをする序盤ではお約束のパターン。

本作のすごさは展開自体は丁寧に基本なんですがそのテンションと精度と迫力を高めるだけ高めてみせるところ。
これって主人公が打撃系で結局のところすごいパワーで蹴散らすみたいなノリを思い出します。これも基本ですよね。強さをわかりやすく表現できますもんね。

魔法戦でありながら銃撃戦(剣戟もある)、あらゆるアイデアをぶちこんでいる。とてもゲーム的でありながらマンガ、映画、その他のエッセンスをありったけ詰め込んでいる。カートゥーンのキャラが旅行に行くときに無理矢理にトランクにモノを詰め込むがごとくトランクの上に座り込んでフタを閉める感じ。

それでいて3巻の2/3の戦いで全員が全力じゃない。つまりは「おためし戦」になったってところがすごい。でも全力なんだよ。全力で全力を出してない状況を生み出して、その時点での全力で死闘を繰り広げてるけど全力じゃないんだよな。なにいってんの?
そしてそれらすべてのタガを外して描いてる。

つまり、すごい「基本」なのよ。

なおかつ3巻までがグランドプロローグではあるよな。敵が登場して目的が登場して各キャラが立ち位置を決めて本格的にはじまるという。

体内の血が湧きますよ。とても読みましょう。



posted by すけきょう at 09:16| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

モブ子の恋 6 田村茜 (ノース・スターズ・ピクチャーズ)


モブキャラとしてを自覚してるので信子って本名をモブ子と自称している女性が主人公。
ただバイト先で好きな人と出会いそして付き合いました。
それ以降は、進展度合いをジワーッと描いてます。

とはいえ、もう手をつないだまでクリアしたからあとはドロドロの肉体関係と結婚にむけての展開と思ってたけど、おれがあまかった。プラトニック道を甘く見てた。あるいは、「忘れて」いた。おれも一応は通ってた道ではあるんだった。

6巻では下の名前で呼び合うってことでした。それをあんなエモくやられるとはなあ。まあ、そのあと両親と顔合わせとかな。ちょっと順序がちがうけど、なんていうかきちんと過程をふまえてはいるよね。それをどう捉えるかだね。

モブ子サンの彼氏さんが先の話をするいこと(今度**に行こうとか)に感動する。彼氏はそういう次につなげる約束をしていないと不安に
なるから「次」や「今度」につなげる。モブ子さんはそれに感動する。ここらへん上手いよねえ。結婚してもおれそれ考えていたなあとか。
そういう細かい視点を丁寧に描くのなあ。うまいよ。

しかし、最終的に向かうのは成年コミックな感じもあるしなあ。それはこのマンガにはすこぶる似つかわしくない。だから難しい。だからみものではありますね。



posted by すけきょう at 10:07| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

シライサン ?オカルト女子高生の青い春? 乙一/崇山 祟 (扶桑社)


乙一氏が原作で映画化され監督もされる同名作品のコミカライズ。小説はもう発売されてますが読んでません。映画はまだ公開されてません(観に行くつもりではいます)。そういう環境で読んだコミカライズの感想となります。

ホラーオカルト大好きな女子高生が日課の地元の古本屋通いでみつけた地元の伝承が記されている民俗学の本を読む。それによると異様に目の大きい女がいた。彼女の名前を知ると呪われてしまう。そしてついその話をしてしまい、怪異現象がはじまるという。名前はタイトルのとおりです。

ストーリーはいわゆるJホラーの典型スタイルではあるかなと思われます。

参照:ほぼ日刊イトイ新聞 - オリタくんのJホラーソムリエ https://www.1101.com/j_horror/

作者の前作[恐怖の口が目女 崇山祟(リイド社 LEED Cafe comics): ポトチャリコミック]は貸本マンガのホラーを意識しておられたようでしたが、本作ではJホラーの感じが非常によく出てるなあと(いうほどみてはいないのですが)。コンビニでのシーンの「らしさ」とかすごくよかった。

後半のドガチャカぶりは、原作や映画じゃねえんだろうなあと思いながらも、「口が目女」のエスカレーションっぷりを想起してニヤニヤしながら読みました。またラストの「どないやねん」って主人公のセリフとか。そこらへんのトートツさも貸本ホラーだましいが見受けられてよかった。
結果として見事な換骨奪胎かなあと(前記のとおりあくまで予想です)。

と、そうなると俄然原作や映画も気になっていくのですよ。映画だけでもどうかなあと。こわい映画がこわいんだよねえ。

そして1番の特徴は表紙にもなっているトリコさんのかわいさですよ。あらすじにある序盤の本を読んでいるシーンがまた圧巻でさ。超おもしろい本を読んで静かに興奮してる読書好きをすごく丁寧に描いてていい。そういった意味じゃ序盤がもうクライマックスです。

ということでホラー好き、ホラー好き少女好き、メガネ少女好き、バカマンガ好きにはとってもおすすめでありますよ。映画前に読んでおいて映画や原作みてからまたみるととってもいい感じだと確信してます。そういった意味じゃおれラッキーです。








posted by すけきょう at 20:20| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

古見さんは、コミュ症です。(15)オダ トモヒト (小学館)



毎巻よく書くことがあるなあと思いますが。やっぱり1番すきなマンガですから。まだ熱は冷めることはないのです。
15巻では大型新キャラの潔癖症同級生が登場しての生徒会選挙を軸として、大爆笑パートになった只野妹と古見弟のネタがまた大型新キャラで、笑いが止まらない状態。なんで、名前をみんなが正しくいわないっってだけなのに笑いが止まらないのだろう。(読み返したらまた大笑いだ。このマンガで最大のツボかもしれない)

そいでもって最大の問題は表紙なんだわ。なんだこの不穏な雰囲気の表紙。

表紙をめくった中表紙ではかなり意図的になっている。話としては新キャラのクライマックスのシーンをみている中心人物3人。そう3人なんだよね。古見さんはタイトルにもなっているしいるのは当然だし、ほかのメンバーが映ってる表紙もある。でも、15巻はちょっとちがうじゃん。
只野くんと万場木さんの真ん中にいある古見さん。そして古見さんの手を仲介して只野くんと万場木さんが手をつないでいるかのように見える。んんん〜?これはなにを示唆してるんだ?



と、思ってみると14巻の表紙も只野くんと万場木さんは花火をみて感動してるけど古見さんだけちがうものをみている。

んんん?

そしてここしばらくでつづいている万場木さんと只野くんのいい話編。ついに15巻では完全に万場木さんが自分の気持に気がついてしまった。
うむ。変なドキドキがある。そりゃまあ先に進まないとダメって感じはあるけどさ。3人とも幸せになってほしいからと。

次巻は2月でーす。


posted by すけきょう at 20:57| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

イジらないで、長瀞さん(6)ナナシ (講談社)


なんかすごくよかったぞ6巻。長いトンネルを抜けてバーっと明るいオモテに出た感じ。
とはいってもこれまで奥に引っ込んでいたわけでもないしつまらなかったわけじゃない。
ずっといってるけどpixiv連載時のときと1巻のインパクトをずっと追い求めててぬるくなったことになれなかったの。それが6巻では完全に脱却した。最高だったおもしろかった。

5巻から初引きであり、美術部の存亡を賭けての勝負。舞台は文化祭。
やっぱ学園マンガで、文化祭をうまく使えないとダメよね。たとえば、最近のでおれが読んで感銘を受けたので言うというとエモエモの塊でクライマックス中のクライマックスに持ってきた「かぐや様は告らせたい」。最後につながるであろう謎を提示しつつこれまでの各キャラ総出演の連鎖の最高峰だった「ぼくたちは勉強ができない」。あとこれもその時点での最高傑作を提示してなおかつそれから右上がりによくなったメイド喫茶をやった「古見さんはコミュ症」とか、名作ばかりやんか。というか、逆か。名作は学園祭で必ずそのピークを用意する。そう考えるとマンガにおいての学園祭文化祭というイベントは最重要だね。運動会、遠足、修学旅行、冬休み、夏休み、数々のイベントがあるなか、やっぱり特別な仕掛けを込められるんだなと。

本作はその展開、新キャラの部長さん、長瀞さんはじめ各キャラが大活躍しつつも、愛らしくてかなり純度が高い「楽しさ」が充満してて読んでニヤニヤが止まらない。しかも泣ける。そして泣こうと思ったら驚愕のオチが待ってたし。「えええー」って絶妙の間だった。アレにやられた。

ニヤニヤが止まらないでいうと長瀞さんがずっとかまってた美術部の陰キャも才能が開花しつつあり、長瀞さんもずっとニヤニヤしてる。またいい顔してるんだよ。ほんと、長瀞さんの顔だよな。顔描写の豊かさすごさでいうとちょっと群を抜いて際立ってる。「ここぞ」っていう顔の当意即妙なジャストな感じ。

大爆発の6巻でした。



posted by すけきょう at 10:09| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

吾峠呼世晴短編集 吾峠 呼世晴 (集英社)



今年はまあおそろしいくらいのいきおいで「鬼滅の刃」が売れましたね。命を削って作った原作を命を削ってアニメ会社がアニメ化すると恐ろしいくらいの相乗効果が起こるってことですね。アニメは最近恐ろしい。

とそういうことで実は長いこと放置していた短編集。17巻と同時発売しました。18巻が発売される手前に「鬼滅」不足で手にとって読んだのでした。そして思い出したわ。

そういわれてみれば「鬼滅の刃」ってけったいなマンガだったなあと。

鬼滅の刃 10 吾峠 呼世晴(集英社ジャンプコミックス): ポトチャリコミック http://sukekyo.seesaa.net/article/457744775.html?1520505284

お嬢様が大人買いでいっきに9巻まで揃えたのを読んで10巻はおれが買ったなんてありますが、そこでも言及してますが、3巻までは非常に不思議な手触りのあるマンガです。
それを思い出したのが本作です。あたりまえですね。鬼滅の連載前に描かれたものですから。

鬼滅の刃のベースとなった「過狩り狩り」からはじまり全4作。

異形の戦いがあり、これらの作品のすべてが鬼滅の刃にリンクしてるし一部キャラも重複している。鬼滅の刃のそれぞれの作品の最初の一滴のようなエッセンスに溢れていて、とても興味深い。

それでいていい意味のこなれてない荒削り。鬼滅での加工がない、ストレートな混ぜモノなしの原酒ですね。すばらしいです。非常に読み応えあります。いっときの青林堂の「ガロ」やいっときのコミックビームに載ってるようなにおい。

そう考えると、前記の10巻までの鬼滅の刃を読んでいたときも、「なんでこんな変なマンガが人気なのかよくわからない」そういうノリはいまだにあるよね。

久しぶりに「へんなマンガ」を読むことができておもしろかった。鬼滅の刃の現在のノリとは随分ちがうけど根底に流れる同一人物の影を思いつつみるとおもしろい。

んま、そもそもでいうと、吾峠呼世晴って変なペンネームだよなあ。「ごとうげこよはる」だもんな。でも、いまGoogle 日本語入力で一発変換できる。そういうことだよ。



posted by すけきょう at 20:09| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする