2020年02月27日

姫様“拷問”の時間です 2 ひらけい/春原 ロビンソン (集英社)



Twitterでマンガを知ることがとっても多い昨今です。だれかのRTにおいてマンガを読む。気に入った作者はフォローする。同業者同士のRTパスが多いのでますますマンガがタイムラインにあふれかえるというサイクルを実施中です。

本作。悪魔の城に籠城されている姫。毎夜拷問されて国の機密を白状させられる。

1話は焼き立てのトースト。焼きたての美味しそうな匂いのトーストをぱりぱりと割いて、ビーフシチューを食べた皿につけて拷問官が美味しそうに食べる姿で姫様は完オチです。

うん、基本はこれです。2話はたこ焼きです。3話はカレーヌードルです。4話はかわいいクマちゃん、5話は温泉。

なんかみんな内容が想像つくでしょ?その予想を大きく裏切ることはありません。おれも2巻まで買って読んで「うん、1話で思ったとおりの内容がつづいたな」と。

ではなぜ購買にいたったか?というと、本作にある多幸感なんですね。1話をTwitterでみたとき、「コミック買おう」って決め手になったのは、自白したあとのトーストパーティーの描写ですよ。姫さまがトーストを持ちながらスタッフと踊ってる描写。
この楽しさに負けたのです。そして読むと果たしてずっと楽しい。無理なくキャラを増やしたり展開もしてますけど、それぞれみんなナイスなキャラ。カワイイもちょっとしたエロもギャグもみんな絶妙のさじ加減。
なんだろう、風邪で弱ってたときに買ったからかなあともおもうけど、楽しいのはまちがいないです。コミックで読む価値はあるのか。うーむ。それに対しては楽しいのはまちがいないです。と。

[[拷問30]姫様“拷問”の時間です - 春原ロビンソン/ひらけい | 少年ジャンプ+]

・とりあえず1話をどうぞ。この幸せに浸りたいときは読んでください。







posted by すけきょう at 18:20| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする