2016年12月16日

わたしのカイロス 2 からあげたろう (新潮社 BUNCH COMICS)


1巻は最高だったけど2巻がさらに最高。

ジャンルはスペースオペラだよな。咎人として各星で戦いに勝ち続けるか死ぬかという宿命を背負った少女。武器をひとつ持っていく決まりに選んだ武器は少年。1巻の引きでは未開の惑星でドラゴンが登場。2巻ではそのまま死闘がはじまるわけです。そこで芽生える別の咎人との友情と別離。そしてラスボス登場と、ある点で非常にテンプレに則った展開ではあるのですが、テンプレだけあってハマると効果絶大なんですよね。

そいでカワイイ絵なんだよね。このカワイイ絵なのにエグくて迫力のアクション巨編になっているのがギャップ萌え的な。「カワイイ」って要素が加わっているのにほかで必要なモノが十分まかなえているのがスゴイ。ほら、カワイイと迫力が薄れるとかあるじゃない。本作はそんなことがない。

そして2巻のヒキがまた素晴らしい。ヒキがかっこいいのは連続活劇の基本です。それにきっちり乗っかっております。3巻も楽しみにせざるを得ない。未読のあなたは1巻から買わざるを得ない。






posted by すけきょう at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444937057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック