2016年12月28日

初恋ゾンビ 5 峰浪 りょう(小学館 少年サンデーコミックス)


どんどんと堂々たるラブコメになりつつある。当初からあり5巻まで引っ張った謎も解けそれがこれからの「ゴール」となったのも上手だね。
男性の初恋の女性が幽霊化(これが初恋ゾンビ)して頭上に浮かぶのがみえる体質の主人公ともうひとりの男装の娘と、ほか諸々とのラブコメ。初恋が成就するとそのゾンビは成仏する。主人公のゾンビは消えるのかと。

ただ、謎感とこれからどうなる?って予想外の展開はなくなったかねえ。いろいろな意味で安定期。今回、1巻からいるエビノさんとの三角関係ばっかりだったしな。
今後カラをぶち破るのかこのまま付かず離れずで適時新キャラ投入や恋で悩んでいるカップルの相談解決(初恋相手がみえるから可能なのよね)したりして長寿化するのか。この先の舵取りはけっこう難しいと思うのです。



posted by すけきょう at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445324438
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック