2017年02月13日

からかい上手の高木さん 5 山本 崇一朗 (小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)


ここしばらくは「からかわれ上手の西片くん」ってノリでからかわれる西片くんが愛らしくてたまらなくてかいぐりかいぐりしたくなるという性癖が歪みそうな作品でけっこうやばかった。

(参考動画 [トータルテンボス「今月のいたずら」 - YouTube]

ところがこの憎たらしいマンガは5巻で巻頭巻末に爆弾を仕込んできやがった。
くわえて、表紙にもなってる彼女のつきあいで水着を選ぶなんて神をも恐れぬ行為をドンとメインに置いている。なんて憎いことをしやがる(おれは結婚してるけど経験ないぞ)。

個人的には巻頭巻末の爆弾も最高だったけど台風のエピソードがまた最高だった。ここまでわかってくれる高木さんは神だね。そう、西片くんは高木さんのものすげえありがたみを理解してなさすぎる。わかってもらってるからからかいがハマるってシンプルな事実に気がついてない。ここまでわかってもらえる人と出会うこと無く一生を終えるほうが圧倒的に多いんだから。なんとなれば両親より分かってもらってるだろ。

巻末に本作のスピンオフを募集してるね。受賞作は連載&コミック化だって。ぜひやってもらいたいのは永遠のサザエさん空間をさまようふたりの時計の針が進んだところだなあと。あるいは出会ったとき、高木さんが西片くんを「からかおう」と思ったきっかけとか。作者が描いてない「旨味」は山のようにあるね。つーか、作者は自分のクビをしめることにならないか?


posted by すけきょう at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446961719
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック