2017年03月10日

星空のきみ 1 塚本 夢浩 (小学館 少年サンデーコミックス)


幼馴染だけど高校に疎遠になってしまった気になるあの子が大変なことになってそいでもって同棲することになった話。
あらすじはシンプルだけどひとすじなわでいかない奇妙なねじれ具合。だから、ラブなのかコメなのかすら判断がつきかねるという。
その最大の原因は絵。すごい熱量を感じる。命を削ってる感かぎりなし。
とくに後半登場するメンでヘラな子が出てからは勢いが加速する。話は芯をまだ食ってないけど、絵の迫力で押し切るイキオイはある1巻。2巻が気になる。


posted by すけきょう at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447775755
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック