2017年04月13日

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10 横田 卓馬(集英社 ジャンプコミックス)


高校生社交ダンスマンガも最終巻。10巻で一気に2年時間をワープさせて「その後色々あって、みんな立派になりました」オチ。それを10巻の単行本の大半を使ってやることができたのでまあ作者もぼちぼち本望なのかね。

本作終わりにプロトタイプの読み切りがあった。ほぼ話も踏襲しているし、キャラも同じだけど、絵が全然ちがう。この読み切り時の絵だったら単行本をジャケ買いしてなかったなあと思うので、本編の絵はやっぱり魅力的なんだなと再確認。

次作もこの絵でガーンと。あと、本作の主人公とヒロインは地味で優しくていいやつって「薄め」だったので次は濃い目の主人公が大暴れするようなのがいいな。


posted by すけきょう at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448971171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック