2017年05月17日

空電ノイズの姫君 (1) 冬目 景 (幻冬舎コミックス バーズコミックス)


ギタリストの父親を持ってギター上手な女子高生とミステリアスな美人の同級生の友情を軸に進んでいくあまりキャッキャウフフしてない「けいおん」。

これがあまり読んでいるわけでもないけど冬目景氏の作品ではいまのところもっとも楽しい。

ベタなキャラ配置で、バンドに誘われてるギターJKさんがボーカルに美人JKさんを誘って、ベースで天然だけど猪突猛進な男を取り合うとかそういう展開?って気はする。そしてそれを避けたとしてもベタではあるし。

ただ、それがどうしたっていうんだよ! とは。

本作、もっともいいところは、きちんとギター弾いてる音が聞こえるところです。上記ひきあいにだした「けいおん!」はまったくそういうのなかったから。太くてうるさいエレキがギャンギャン鳴ってます。そこがいい。

ということで主人公の癖っ毛の「長くつ下のピッピ」みたいっていわれた子がとってもいいわ。相方の21世紀の「吉祥天女/吉田秋生」みたいな子も。



posted by すけきょう at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449963018
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック