2019年02月13日

アンダーニンジャ(1)花沢 健吾 (講談社)


「アイアムアヒーロー」に続いての新作ですね。小学館からも同じ連載をして同時発売してるようです。そちらのほうはまだ買ってません。

現代日本でも忍者がいるという設定。底辺ヒエラルキーのボロアパートに住むのが主人公。

うむ、そういや「アイアムアヒーロー」もそうだったな。1巻じゃなにがなんだかわからないんだよな。設定ははっきりしてるけど物語は進まない。アイアムアヒーローよりさらにちょっと遅いかな。期待させるところはあちこちにふりまいてるし、今回はだいぶコメディよりであるしなあ。
学校に潜入するって話が1巻で潜入してないってどうよ? おれが編集だったらちょっと苦言を呈するかもしれんな。
まあでもしばらくは期待。同時発売の「たかが黄昏れ」も押さえてはおこう。



posted by すけきょう at 01:06| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]