2019年02月14日

イジらないで、長瀞さん(4)ナナシ (講談社 )


イケイケチームの長瀞(ながとろ)さんと、さえない美術部の男子のイチャイチャラブコメ。

3巻ではこれまでにあったちょっとメンでヘラっぽさがあった長瀞さんがずいぶん普通のヤキモチ焼きのラブコメキャラにマイナーチェンジしたかなと思ってたら4巻では「それはそれで」ということでなんかよくなってきました。
こっちからは大胆アプローチしてドキドキするのがスキだけど、むこうが不意にパーソナルスペースにくると動揺してしまう。あと、同級生ほかが彼氏にちょっかいを出すと狂ったように阻止しだすと。

これね、他作品と比較するのはちょっと反則気味だけど、同月発売の「やんちゃギャルの安城さん」との対比がおもしろいんだよな。

同じイケイケチームの女子に、美術部の男子で、女子が男子にちょっかいかけるって図式。本作と安城さんの3巻に同じく、男子がおんぶして運ぶってシチュがある。これがとてもおもしろいんだよね。
それぞれのキャラもちがうしそもそもの基本シチュにちょっとちがいがあるけど、おんぶしてお互いドキドキはいっしょ。安城さんはより抱きつくことでむこうをテレさせてマウントをとろうとして、長瀞さんもそのラインを目指しつつもテレてしまい、ついには走って逃げてしまうというあたり。これどっちもいいんだよねえ。(もっとも安城さんは足をくじいていたので走って逃げることはできなかったんだけど)

本作はとくに表情に命かけてますよね。どうしてもポーカーフェイスに徹しきれない感じが。猫系でコロコロ表情を変えるかわいらしさ。

本作のおまけにあった本格ストレッチ講座のようなラインになりたいのかしらんとも。




posted by すけきょう at 13:04| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]