2020年09月11日

明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。 ふせでぃ (文藝春秋)



セックス充になれない人生だった。だからセックス充がうらやましい。
でも、セックス充もいろいろと大変かもしれないぞとはSNSや各種メディアから学んだ。少し未だ疑っているが。

本作もそうだ。


大人の男女が
二人で会うと
お酒を飲むか
Hをするしか
選択肢がない



ですって! 聞きました奥さん?

セフレさんとエッチしてのセリフです。セフレのセリフ。

本作の主人公さんは平凡なOLさんで平凡なセフレがいる感じです。セフレ以上に好きなのにむこうはセフレだろうし、下手なことをいったらセフレの関係すら壊れるかもしれないので黙ってる感じです。

幸せかどうか自問自答する。元カレのことも考える。そしてセフレのことも考えると。

うむ。セックス充だよなあ。セックスのあいだは楽しいしかれが一緒にいてくれるのはうれしいと。

セックス充じゃないからよくわからないけどそれでも足りないなにかを探してる感じは欲深いと思いつつもそんなもんだろうなと。

普段遣いの孤独? 承認欲求の底に穴が開いててずっと漏れている状態?

焼き肉バイキングでたらふく肉を食って幸せなのにカレーも食べたいと思うような感じ?

NOTセックス充にはピッタリはわからないんだ。

台風のシーンがあった。台風にひとりでいる主人公にセフレがたずねてくれる話。台風の描写自体はともかくとして台風のあとの描写がとってもいい感じであった。
正直なところ、この題材で作風で、このキャラ絵描画はしっくりこない。その他の作画もかなり頑張ってるが発展途上にはあると思う。ただ、上記の台風のあとの描写にはすごい可能性を感じる。主人公の心情を表しつつ、あまり他ではみない台風一過表現。だからあらゆるところを突破するような気はするんだ。

うん。

明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。 (文春e-book) - ふせでぃ
明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。 (文春e-book) - ふせでぃ

posted by すけきょう at 13:34| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

神クズ☆アイドル 3巻 いそふらぼん 肘樹 一迅社








[次にくるマンガ大賞 2020]

これの2019年コミック部門で3位です。

楽して儲かるってきいてるけどかったるいのでアイドルを止めたがってる主人公に、17歳にして交通事故で死んだこの世に未練(もっとアイドルやっていきたかった)伝説の超アイドルの幽霊と出会う。そして憑依してもらって楽ちんアイドル人生を目指すというお話。

2020年6月に3巻でました。2巻までで1部完ってことになってますが人気御礼につき再開しているらしいです。おれは3巻まとめてドンとおすすめされて読んだので。



(これもいずれ取り上げます)

「女の園の星」といい、本作といい、いま、ギャグマンガは女性向けが断然リードしている印象があります。

本作、ギャグとして笑えるのですが、それ以外も終始ニヤニヤしてしまうチカラがあります。だから、ずっと笑いながら読んで、ときたま「わはは」と声を出して笑うのです。すなわち、ずっと楽しいマンガといえます。

登場人物は案外と少なく、多くは幽霊のアイドルとやる気のないアイドルとのかけあいと、相方のアイドルとのかけあい。そのあと適切にほかキャラ。
これらキャラがまた適切でキャラが立っています。なおかつ女性マンガにありがちのキャラを増やし過ぎの渋滞はないし、絵柄自体もどことなく「陸軍中納予備校」や「県立地球防衛軍」の安永航一郎氏をホーフツをさせるような(いま見比べたら全然似てないが、感覚として)メリハリのきかせたわかりやすくも親しみやすい絵柄もあいまって、少女漫画に苦手意識を持ってる方でも読みやすい。
新キャラも2巻で現役トップアイドル。3巻では幽霊アイドルと同じグループにいたけど活動休止してたアイドルなど、適切な場所に適切でおもしろいキャラ投入。
話もアイドルの成長物語に沿って、いろいろなイベントをはさみつつおもしろおかしく存在していく。

といってもトップくらいにいいのは、このアイドルの熱狂的なファンらですね。3人常連がいて彼女らのやりとりというか妄想トークが最高すぎてたまらない。声を出して笑いにいたる起爆剤は彼女らの活躍にあるといってもいいです。

3巻までずーっとニヘラニヘラときおりギャハハと楽しく読むことができました。

特筆すべき点。
1巻は紙の本で2巻3巻は電子書籍で読みました。この2巻3巻は電子書籍特典がついてるのも相まってか、「読んでも読んでも終わらない」現象があってすごいです。本編のあとのボーナスステージがどえらいんですよね。描き下ろし番外編やら4コマやらあとがきやら3巻ではトリビュートまである。これのボリュームがどえらい。というか、こういうのの特典のトリビュートでこんな楽しめたのねえな。

とてもよかったです。いっきに読んでいっきに好きになったわ。

これ娘にオススメされたんですが、娘のオススメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」「アクタージュ」「かげきしょうじょ」という。なんかわかりやすいでしょ。その流れでこれです。







posted by すけきょう at 15:21| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

ゼッタイ良縁! くくり博士は めとらせたい 1 大沢 ういち 少年画報社





ジャケ買い大事。とくに書店でビビビときたものを買うのは絶対大事。この本のようなアタリがあるから。最高だよこれ。

エロマンガ。そしてマッドサイエンティストモノ。マッドサイエンティストは女性。ああ、まあ、くくり博士がそれか。

彼女が出会って即合体をみたくてあらゆる技術で良縁の相手を選び、それをテレポートで連れてくる。
最大のポイントは「それが現代に存在しない場合、他の時代から連れてくる」ということです。
出会って2秒で合体がみたいために技術を無駄遣いする。この設定で大勝利です。そしてこれこそマンガの持つフリーダムです。

1話は1990年代のボディコン女性。2話は未来忍者(くノ一)。3話はスパルタカス時代のムキムキ剣闘士(対象が女性)。

それぞれひねった展開でありながらもセックスして気持ちよくてハッピーエンドというキモは外さない。
絵柄も上々。セックスのバリエーションも短いページ数ながら考えられてるしな。アンモラルやインモラルはないっす。

そして4話。ネタバレになるから書きませんが、これで長編映画ができそうな話。みんな考えてありそうでない話。それは最後のページのようなぶっ飛ばし方ができないからだろうな。なおかつぶっ飛ばすヒト(ぶっちゃけくくり博士)がいるのでこのマンガの設定で3話まで積み重ねてないとできない話でもある。だから全部すばらしい。これ、描き下ろしだろう毎話の1pの後日談も含めて4話は本気ですばらしい。時間モノとしても傑作。

そして謎を含ませて次巻へつづく。うむ、申し分のないみごとな1巻。

長く続くのかはわからんけど2巻はでてほしいな。



posted by すけきょう at 02:00| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

僕の心のヤバイやつ 3 桜井のりお (秋田書店)




3巻を読んで思ったのが「山田が気持ち悪い」ということです。市川じゃないですよ。山田のほうです。読モで中学生とは思えないボディでかわいくてたまにテレビも出て映画の出演も決まってる山田ですよ。

市川クンは中2病をこじらせてるわかりやすい中2です。彼は中2と非モテとコミュ症をこじらせて、クラスで1番目立つ存在である山田を殺そうなんて思ってました。でも、いろいろあって1巻で気がつきました。「おれは山田が好きなんだ」って。
で、本作は市川の心の声のみ読み取ることができるのですが、みた限りだと、2巻ではどうやら山田も市川のことが好きになっているみたいです。どこかはっきりとしたものがないのがリアルですが、図書館でおやつを食べるのがバレそうになり手を掴んだ前後とかかね。

真理なんですが、好き同士であっても、恋人でも、結婚していても、親子でも、その愛情は等しくなることはありません。
同じ10点満点の10点同士になるのは一瞬はあるかもしれませんが、それは徐々にずれていくのではないかと思うのですね。つきあわないともっとその数値はいろいろとちがいます。

市川は何点かわからないですが山田が好きです。ただ、向こうが好きであるはずがないと思ってます。その点では中2らしいけど賢明でもある感じ。

ところが山田はそうはしなかった。気づいてからずっともう自分の「好き」を止められない。で、どんどんギュウギュウと距離を詰めてきてる。それに市川は戸惑うばかり。なぜなら自分を好いてくれているわけがないと思ってるから。というか、思い込みたがっているから。でも、最新作(4巻収録するだろう)で、「気持ちが伝わりそうで怖い」なんて思ったりもしてる。

この山田が必死ですごい圧なんですよね。それにおされて思わず「気持ち悪い」という感想を持ってしまったわけです。
つまり、その山田の圧が伝わってくる筆力ってことなんですね。

実にここのところ、2人とも中学生でいろいろと未熟なのに手探りで不格好で気持ち悪い、しかし、ピュアな熱があるところがすばらしいのですよ。2巻のときも書きましたが。
そして、1巻2巻3巻とそれぞれの熱量を繊細な注意を払ってコントロールされてるなと確信しました。巻ごとのそれぞれのそれぞれに対する思いの点数がちがうなと。これ実際問題適当な感じありますよね。まあ、ちょっとアンフェアではありますが、作者のTwitterによるショートコミックでの「僕ヤバまとめ」はそこらへんの熱量がけっこうまちまちです。

[僕の心のヤバイやつ / Twitter]

これだとショートとかギャグを優先してるからその熱量にわりにムラがあるのでよくわかるんだよね。

それがどんな作品であれ、作者による多少のコントロールがあるので、年齢とは合ってない手練れ感があったりしますよね。また、そのほうが効果的なんですよね。対比によって、より片方が幼い感じを演出しやすくなって。つまり、マンガをコントロールしやすいから。本作はその逆です。どうなるか先が読めない。そらもう熱々のデレデレではあります。ただ、それだけにとどまらないかもしれないという不安定さがあるんですよね。もちろん、ベテランの作者のことですから、きちんとコントロールしたうえでの不安定さを演出しているし、そもそも、この2人が別れるとかそういう衝撃展開を期待して読んでいるひとは誰もいないのでまったく意味のないj杞憂ではあるんです。純粋に「このふたりはどうなるんだろう?」というハラハラがいいアクセントと緊張感になってあるんだなと。
実際、そこまで穿った読み方をしなくても、イチャイチャしやがってええ!でもいいんですよね。でも、その差こそが「このマンガはなんかちがう」の重要な味付けになっているんだと思うのですよ。
たぶんに、それは、新作のたびにTwitterほかでバズることでもわかるような気はします。



あと、これこそはと思ってた特装版はやっぱなー。ああいうの本来、東京三世社や成年コミックのおまけコーナーに「単行本発売おめでとう」で書くものでさあ。小冊子で別料金でやる必要はあまりないなあとの思いは強固になりました。




posted by すけきょう at 10:11| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

藤カラー ZERRY藤尾 (クリベロンコミックス/リイド社) 年コミック

ZERRY藤尾名義の成年コミックとしては4年ぶり。その前の「いろつき」は10年ぶり(その前は幻冬舎から出た「COME TOGETHER」になるのか)。そしてその間は「山田穣」名義で「がらくたストリート」等を執筆されてます。とはいえトータルでも寡作とはされてますよね。大ファンではあります。

とはいえ、最近の成年コミックはとにかく高い。本作もオールカラーで1760円です。だから前作「いろつき」も買ってなかったです。おれはオールカラーコミックにいい感情はないから。「高い、薄い、読み応えがない(見応えはあるね)」だから。
そういうことで本作も買う気はなかったのですが、たまたまみていたFANZAで電子書籍版の「いろつき」が半額で売っていたから、それでも880円どうかなあと思いつつも、給付金10万あるからと気が大きくなったので買ったら、まあ、うん、最新作もお買い上げと相成った次第なのです。

本書の内容は折りたたんでおきます。このためにFANZAのアフィリエイトも申請して登録して仕込みました。というのも、本書の電子書籍版はFANZA限定の4pマンガが描き下ろしで。これがまたいいんだよ。だから、ぜひ、FANZA版で買いましょう。その中身には触れませんが、「おお、こうきたか」ってかなりニヤニヤできる内容です。

書籍版を買うのが1番いい(というか現在すごくほしい)んですが、次はFANZA版かなと。

(で、まあ、蛇足なんですが、これ、楽天もアマゾンもアフィつけられないんだよね。なんでだろう?アマゾンKindleのほうは本作の単話をバラで売ってるけどさ)

参照:

[「がらくたストリート」1巻 山田穣(幻冬舎コミックス) : ポトチャリコミック]
(ボーナストラックとして過去のおれが書いたZERRY藤尾全成年コミック感想文付き)
追記あり
posted by すけきょう at 20:58| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

チェンソーマン 7 藤本 タツキ (集英社)




順調に巻を重ねていることも、人気があることも、週刊少年ジャンプで連載されていることも、そして娘が興味をもったので読ませろってバックナンバーを集めさせたこともすべていまだに信じられない。
そんなことでいえば、「鬼滅の刃」が狂った売れ方をしていることも、もっといえば「ONE PIECE」もそうだ。もっと前もそうだ。おれが本当の少年だった年齢で少年ジャンプを読んでいた頃から、ジャンプのマンガには納得のいかないものが多い。どうしてこれがイケると思ったのかわからない。
でも、わからないからこそおもしろいんだと。

デビルハンターのデンジはチェンソーマンとして活躍してます。そのチェンソーマンを殺そうと世界各国から敵がやってきてバトルロワイヤルがはじまったのが7巻です。

前作の「ファイヤパンチ」もそうですが、藤本作品は世界がずっと不安定です。根本からグラグラのあまり誰にもコントロールできません。だから、全員がそれぞれの「おれルール」で動いております。それゆえに全てのキャラが無軌道にみえるし無秩序に振る舞ってます。むしろ秩序を求めるひとから死んでいくというシステムこそが唯一の秩序と思えるくらいです。
おのれの欲求に従い、めちゃくちゃやっているひとがなんかがんばってる。でも、それを上回るめちゃくちゃが世界を覆っていて、なんの意味もなく死や残酷やグロやエロが訪れるのです。

それがとてつもなく痛快であるが不安でもある。どこかで辻褄を合わせて「安心」したいのだけどそれを藤本タツキ氏は許してくれない。デンジもパワーも各キャラもみんな無軌道に行動して、あっさり死んだり殺したりする。そして物語自体もどこに向かい、どうなるのかも見失いそうになる。
もちろん、マンガ家はマンガにおける神としてコントロールしている。でも、本作は、「え、大丈夫かな?」とは思ってしまう不安定さがある。それがすげえよな。

「BURUTUS」のマンガ特集で言及されていたけど、7巻では榎本俊二氏の「斬り介とジョニー四百九十九人斬り」のオマージュがありました。10年前のマンガっすね。すばらしく効果的でしたし、それを週刊少年ジャンプで令和にぶちかますところですよ。作者は神として「チェンソーマン」世界に混乱と混沌とその他を起こし続けているわけですよ。

あといいたいのはパワーがかわいいなと。(読者のキャラ人気投票でも1位だったのでライバルは多いな)

[「斬り介とジョニー四百九十九人斬り」榎本俊二(講談社): ポトチャリコミック]





posted by すけきょう at 22:47| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

ぼくたちは勉強ができない 17 筒井 大志 集英社



マルチエンディングを採用したラブコメのひとつめが終わりました。

5人の女性にホレられる主人公。それらとそれぞれ結ばれます。そのうちのひとりと結ばれた最終巻でした。次から別のひとと結ばれるエンディングがはじまります。

これさ、発表されたときにネットでたいそう話題になったよ。賛否両論らしい。独自ということでもないらしいんだけど。
同時期に5つ子の娘とする恋愛マンガはひとりに決めて終わったことの影響なんかもあったのかしら。

でも、そういう「些細な」ことをぶっ飛ばすかのような王道の大団円が17巻にはある。筒井氏はシンプルにマンガが上手いと思いましたよ。え、これ、マルチエンディングする余地があるの?これが「正史」じゃねえの?って。ほかの子のエンディングなんてただの蛇足になるんじゃないの?って思ったり。

そして、この作者だから大丈夫とも思った。それくらい見事だった。これまでもそうだけど、きちんとケリのついた17巻もそう。王道や1発めだけあってきっちりとした正面的な展開。そして終わってみればほかのも堂々とした納得いくエンディングなのは確信してても大丈夫だろうとも。

ラブコメで、ハーレム展開の場合、1番の問題は、魅力的なメンバーがひとり以外ふられるんだよな。そこらへんどうするんかと思ったけど、そこも見事だった。全員の「思い」を丁寧に拾った。
そして次はまたそれぞれの「思い」を拾うのだろうな。


ほかも楽しみだ。あと作者の本作の次の展開も。



posted by すけきょう at 00:05| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

おむすびの転がる町 panpanya (白泉社)




最新作です。前作「グヤバノホリデー」はおれにとって衝撃的な作品であった。フィリピンに行きグヤバノという謎のフルーツを食べる紀行マンガだった。
もともとが現実と虚構が曖昧な作風ではあったけど、ぐぐぐと現実に寄せていました。これではもうエッセイコミックじゃないかと。

エッセイコミックってそう考えるとウソだなと。それは作者が取材だったり経験だったことかもしれない。でも、それを絵にしてマンガにした時点で事実とは異なってくる。だって自画像がちがうやん。エッセイコミックの大家である、吾妻ひでおさんも西原理恵子さんも桜玉吉さんも本当の顔は「ああ」じゃないじゃん。だから、ホントとウソの距離感を楽しむのがエッセイコミックでありコミックエッセイであるんだなと。もっといえば活字だけのエッセイもそうなのかもしれないけど。「すべらない話」とかも。

本作に収録されている「筑波山観光不庵内」などは虚構と現実のブレンド具合がワンアンドオンリーですごい。実際に行かないとわからないディティールだらけなので猛烈なロケハンをしてるだろうけど、筑波山のケーブルカーまでの道中はガマの油売りが軒を連ねてることはないだろうし、JAXAの訓練で宇宙服を着たひとが多数歩いてたり、はウソだろう。
そんな「筑波山」で不思議で楽しい冒険+観光をしている。

ああ、つげ義春氏を連想するね。氏の紀行マンガもオンドル小屋に住み込みで働いてる女性店員の着替えがみえたりとか、ほんやら洞のベンさんやら、長八の宿の釜番のおっさんとかはいないだろうしな。

ほかにも毎日通ってるところの用のない坂の上にはなにがあるのだろう?と登ってみたり「そこに坂があるなら」
なんでも買い取ってくれるリサイクルショップに食べた飴の包み紙ともらったポケットティッシュを売りに行く「坩堝」

などなど、これまで同様に地元密着率が高くて、ふわっと異世界や異物が混ざるブレンドが絶妙。近年は現実配合多めかな。おれはいまの配合のほうが好み。

そして白眉であり、前作同様またしても大きく唸ったのが食べ物ネタ。「カステラ風蒸しケーキ物語」。
これはヤマザキで実際に発売されていたカステラ風蒸しケーキの魅力にとりつかれて探し求めていた話です。
他愛もないといえばそれまででストーリーとしての起伏などもないがとてもいいです。ただ、探して、あちこち駆けずり回りついにはお客様相談窓口にまで電話してしまうという。

「カステラ風蒸しケーキは一種の瞑想だと思う。」

とまでいわしめる「美味しそうさ」よ。そして憎たらしいことに本単行本が出るちょっと前に正式に製造をやめているのよね。このおあずけ感。でも、この新しさ。好きなものを追い求めるというメッセージが強烈な作品は短いページ数ではありますが、すごく心に残る。

それは作者のすべての作品や姿勢に通用する。とくに表題作は、その視点や姿勢が最大限発揮された、panpanya氏にしかできない視点の作品。すごいです。

なんていうか、この先、こうしてほしいどうしてほしいというかそういう外野を無視して、思うままにおもしろいと思うことを膨らませたりなんだりしておもしろいマンガを描き続けてほしいなとせつに願うマンガ家がひとり増えたなあとしみじみと。

白泉社の編集にも作者を見出して活躍の場を与え続けていることに感謝したいと思うのです。
posted by すけきょう at 12:23| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

古見さんは、コミュ症です。(17)オダ トモヒト (小学館)



学園祭でラブコメはピークに達する説の信憑性はまたひとつ蓄積された。

17巻は学園祭編のピークであり本作のピークであり2020年のマンガのピークになった。

古見さんは眉目秀麗容姿端麗成績優秀の非の打ちどころのない美女だけど極度のコミュ症。ただし美女ゆえに成績優秀ゆえに無口な美女としてそれがいままでバレずにいた。高校の入学式に只野くんにそれを見抜かれる。「友達100人つくりたい」という彼女の野望を叶えるべくドタバタするというギャグよりのラブコメ。

2年生より、マンバギャルの万場木留美子さんが登場します。彼女も古見さん同様にゆっくりと時間をかけて只野くんにホレていきます。登場してから毎巻1回は只野くんとのラブコメパートが挿入されていきます。それでいて、古見さんと只野くんとの「それ」を万番木さんは微妙にみないでここまできました。

そして学園祭です。クラスは演劇をすることになりました。古見さんと只野くんが出る演劇です。16巻の終わりで古見さんはアドリブで只野くんに演劇上で告白します。それでついに万番木さんも知ってしまいます。そして17巻。

16巻の予告を見た限りだと、まあ、そこそこの進展はあるけどうまくスカしたりギャグったりしてまた進行していくのかなと思ったのです。なぜなら通常の風景が繰り広げられていたからです。

それがガッツリでした。ガッツリ。ここまでガッツリいくのかってくらいガッツリ。

すべて察した万番木さんがふられたと人気のない階段で泣いている。そこに尋常じゃない様子を心配して古見さんが駆けつけます。

そこからがピークですよ。17巻のピークで本作のピークで2020年の全漫画のピークです。

お互いの気持を確認してお互いの友情を確認して只野くんへの思いを確認するのですよ。

ここらへん、エモさもすごいですが、技術ということでもピークで、本作の構造というか根源のところでもピークなんですよ。ということでネタバレになるのでエモさはおいといて技術と構造について語りますわ。それこそ登場キャラのエモを探し求める江藻山ゆらぎさんのようにエモミー賞受賞としか書くことがないし。

本作、学園祭で演劇をしてます。そして、2部構成になってます。そして古見さんと万番木さんがそれぞれ主演。だから拘束時間が発生するんですよ。なおかつ只野くんも劇の上とはいえ古見さんに告白されたということでまわりの嫉妬で追いかけ回されていろいろとままならない。
これで、多元中継が生まれ、あちこちで同時に話が進行し(まだシンプルなほうだけど)、その制約のせいで新たにドラマが生まれる。なおかつギャグパートをいれて緊張と単調の緩和を促す。連載で読むとどういうことになってるのか想像しにくいけど、けっこうな寸止めも生まれる。

そして、それらを非常に憎たらしい使い方をした16巻の予告な。あとこれまでのスカしの蓄積な。そのおかげで16巻のなにげない予告カットがものすごいエモいシーンだってことがわかる。あのなにげなさはあの修羅場のあとのことだったのかと。ふたりの長くて重くて大きい葛藤や想いが交錯したあとだったのかと。まあ、予告は編集がやったことなのかもしれないけど、担当編集の技術も相当すごい。

17巻で特筆したいのは古見さんです。これまでにないくらい古見さんを描いてます。いわゆるデフォルメ顔じゃないやつで。古見さんというのは上記のようにコミュ症で他人から誤解をうけやすいキャラ。つまりは表情の変化に乏しいわけです。無口=無表情=無感情ですもんね。どうしても。

今回、クライマックスの階段のシーン、だいたい古見さんと万番木さんのアップで展開していきます。最初は上記のように表情のハバがない古見さんが徐々に言葉とともに思いを口にしてなおかつ表情の機微をみせていきます。これまででもっとも大きい表情の動きです。

そのセリフをこの表情でいっている。マンガにおける「絵が上手い」は突き詰めるとこれです。もっというとその気持をその表情に描いている。いい場面いいところの表情をみせない作風の作者も多いんだけど、これも突き詰めると手抜きかスキルが伴ってないとは思ってます。もちろん演出効果もありますが。本作でも17巻でも階段のシーンでもあります。でも、読者に「見たいものを見せる」というのは基本中の基本です。

そういう意味で、超おこがましいですが、作者はどんどん絵がうまくなっていると思います。古見さんの只野くんへの思いがきちんと画力「のみ」で表現できているもんなあ。マンガにおける画力の1番正しい使い方だと思います。


感情を爆発させたためにタイトルである「古見さんは、コミュ症です。」がブレイクしました。彼女は自分の思いをきちんと他者(万番木さん)に「声に出して」言葉で伝えることができた。古見さんがコミュ症ではなくなった瞬間。実にそれこそが作品全部のピークでもあるわけです。だから、この階段のシーンはとてつもなく重要。この先あるかどうかわからない只野くんが古見さんへプロポーズするときなんかとは比べ物にならないくらい重要。だからもう最終回でもいいんですよ。もちろんそれは死ぬほど困りますが。(だから表紙なんですよ)


しかし、そういうエモいシーンばかりでもなく、描画の技術は、「多少うまい土」であるベヌジットスポポ焼きを食べたときの顔でも活かされた。只野くん、万番木さん、あとコミック描き下ろしでは古見さんも食べていた。それらの表情はちゃんとギャグとして成立してた。
(なお1番好きな顔はチーズハットグを食べてる古見さんです)

すばらしいマンガだ。すばらしいとしかいいようがない。すばらしいといわないようにいろいろと書いてみたけど、やっぱりすばらしいという言葉に帰結する。

すばらしい


(そうなると1巻の只野がおかしいことにはなるんだけどね。そもそも周りの空気を読めない人間ってノリだったのがひとの機微がもれなくわかる人間になってるんだから。まあよくとるとそれは古見さんといっしょにいることで培われたり才能が開花したってことでもあるし、その解釈が美しいからそういうことにしておこう)




posted by すけきょう at 12:49| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

牛乳配達DIARY INA (リイド社)




最近キレッキレのマンガを出しているマンガ出版社というかレーベルといえばリイド社のトーチっすよね。
そこでの「第1回トーチ漫画賞大賞」を受賞したものです。そうなると気にはなりますよね。だからふと内容を知らずにポチってみました。レーベル買い。レコード会社ではよくやってましたよ。で、税抜1500円全1巻。ちょっと今のフトコロ事情だと冒険の値段ではあったけど、地味に最近どの版型のどういうタイプの本も高いからなあ。

だからどういうマンガかまったく予想がつかなかったのよね。

牛乳配達のアルバイトをしていたときの思い出をエッセイコミックにしたものです。これがかなりな時間をかけてゆっくり描かれてるし、たぶんというか確信してるけど、作者もはじめてに近い感じでかなり試行錯誤しながら自分のスタイルをモノにしていく感じが非常に新鮮。

しかも、初心者ゆえにというか場数をこなしてないゆえに、「描きたいこと」を描くためにある「型」に落とし込むのではなくていろいろと試している感じがおもしろい。実に毎回ちがう。話や切り口や芸風もそうだけどとくに描画のタッチがちがう。まあ、端的に「上手」とはいえないタイプですけど。

とくに1話のエピソードを描き直してるんだよね。上半身ハダカでタオルをクビにまいたおばあちゃんに炎天下で説教されて、ねぎらいとともにドリンクをもらって公園で飲もうとしたら変な味で製造年月日みてたら2015年で(2017年の話ね)吐き出して「なんかマンガみたいな出来事だな」と思ってるというエピソード。最初に描いたのと、コミックになるから描き直したのの対比が非常に興味深い。

前半までは配達やサンプル配りの営業の戸別訪問の客との接点に「こんなことあった」なあるあるであり、その途中にみた街の風景であり。

残りは、いっしょに働いてるひとにも焦点を合わせる。個人的にはそっちから急におもしろくなる。前半のままだとおれにはイマイチという判断になってたな。

ちゃらいけど仕事ができる後輩。独身31歳で独り言が多く要領の悪い女性。パチンコが止めれずに仕事中もしてしまう(配達後の営業とかで)男。彼らとのやりとりがとてもいい感じ。

つげ義春氏の「無能の人・日の戯れ」と大橋裕之氏の「遠浅の部屋」に影響を受けて書きはじめたとあとがきにあったことが非常によくわかります。でも、その影響下だけじゃなくてなんていうかな「広がり」がある。ここに作者の持ち味とほかにない可能性がある。

つげ氏や大橋氏より社会性があっていろいろと働いている感じがあるし、世界をよくみている感じが。お客のことを考えたり。で、案外と自省内省はもうひとつ。だからこその不思議な味わいが醸し出してはいるんですけどね。「無能の人」にしても「遠浅の部屋」にしてもかなり「自省み」が強い話だからね。そういうタイプのアプローチだけどアウトプットはだいぶちがう。

作者の次回作を楽しみに待っています。余計なお世話だけどルポ系のマンガがいいかもしれない。なおかつ誰か相棒がいるのがいいような。



posted by すけきょう at 10:10| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

六道の悪女たち 20 中村勇志 (秋田書店)



20巻大台にノリましたね。道中ややムラはありますがずっと20巻泣いて笑ってアドレナリン大放出のマンガです。

悪女に惚れられる技をもった男が悪女と自身の才覚でいろいろと丁丁発止を切り抜けるヤンキーマンガですね。タイトルや内容のわりに男の熱い想いがヒリヒリしている硬派なのが特長です。そこいらはヤンキーマンガのフォーマットに忠実です。ハーレムマンガとかじゃないですね。あざといエロシーンってありそうでないですしね(ややある)。

作者のあとがきで驚きました。これで六道にちなんだ悪女ガールズが6人揃ったって。ええ?って一瞬驚いたけど、これまで登場したのは敵だったりゲストだったり更生したりしてたのかな。

スケバン、番長、バイカー、闇金、カンフー、占い師

作者も謎のラインナップっていってたけどその最後の占い師が19巻にして登場します。うむ。カンフーはキャラも好きだし(なんなら1番好き)、立ってるんだけど、他がキャラとしてちょいと弱いのよね。とくにバイカーなあ。定期的に出てるからゲストではないんだな。闇金はそのままいなくなってもいい感じだったのに妙に出てたからなんかもうひとからみあるのかと思ったら六道ガールズになるのかとか。

それもこれも最初のスケバンが最強になっていて物語のキーになりすぎていて、その展開において、ほかの5人があまり密接にはからんでないんだよな。それぞれキーポイントにはなってて、彼女らとスケバンが科学融合して話が進行するって感じで。

そこらへんを払拭させるような全員がからみあった活躍を21巻以降では期待したいなと。これまでをみてるとすごく期待できるけどね。実際、こうやって書いてるうちにも6人のキャラをすべて説明できるからね。キャラを把握できるマンガがおれにとってはいいマンガです。おれのキャラ把握能力を棚に上げてそう設定してます。それはわりと「おもしろい」への必須条件だったりします。そしてすごい難しいことだとは思ってます。





posted by すけきょう at 14:34| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異世界おじさん 4 殆ど死んでいる (KADOKAWA)



4巻。人気作なんですし既刊も取り上げたのですが、4巻、たぶんいまのところ今年1番笑ったから。すべてのメディアどころか現実でも比べて1番笑ったからなあ。だから2020年最高のギャグマンガです。今のところ。たぶんそれを超えるものはないでしょう。

おれが笑ったのは総司令を論破するためにおじさんが変身してなったものとそのあとの展開でした。たぶん、異世界でもっとも離れたものです。作者はまちがいなく天才です。このネタを思いついて実行する世界で唯一のひとです。死ぬかと思うほど笑ったので命の危険を感じたほどですよ。

とういうことでおれが世界一笑ったのでもしかしたらあなたもけっこう笑える確率があると思われます。マンガで笑うって、まあ個人的にはとんと少なくなりましたし、マンガ自体も純粋に笑い殺すって感じのガツガツしたのは少なくなりましたよね。純ギャグマンガです。

珈琲店はスターバックスコーヒー的なスタイルが増えてきました。「甘い」に特化してきて、そのバリエーションが超豊富ですよね。いわゆる呪文のようなトッピングのものはだいたい甘いものです。
昨今のマンガもそうじゃないですか。純ギャグをコーヒーとするなら、トッピングのホイップやラテ部やヘーゼルナッツとかは女の子ですよ。女の子やゆるキャラなんかの「カワイイ」です。それが大量に乗ってカロリーを稼ぐ寸法になってきてます。

たぶんにネットの影響が大きくなりましたが、ただ「笑える」だけのネタはネットが完全に賄うことになってます。2ch(5chではない)とかブログ、Twitterなんかでボーボー火はついていたのですが各方面を軽く安いものとみているうちにあらゆるギャグはネットのそれに取って代わられ主流になってきました。バラエティ番組、漫才落語の芸能、映画、ラジオ、そしてマンガもいつの間にかギャグにおいては完全にイニシアティブを取られてしまった(まあ争うものではないという見方もありますが)。
だからこそ対抗としてギャグにいろいろ足すことをはじめる。つまりは各種コーヒーにラテ的なものを足すスタバチックな方針な。

マンガにおける笑いのメイントレンドは「笑い+かわいい女子」です。実は昭和からそうだし赤塚不二夫先生以前からそうですが。ギャグマンガとかわいい女子は実はすごく親
密なものがありますが、そっちの歴史にふれてるといたずらに長くなってしまいそうなのでこのへんにしておきます。

ということで本作においてもかわいい女子はバッチリだし、今回もきっちりです。ただ、スタバでたとえるならギャグ、すなわちコーヒーの部分がクリームやらヘーゼルナッツやらピスタチオクリームやらストロベリーソースの味と互角以上の戦いを繰り広げたわけです。つまりは超うまいコーヒーだったわけよ。

なおかつ巻末におまけっていうには異様にチカラの入ってるセガドライブミニがただすごい楽しいってだけのマンガもあってそのセガ熱に涙です(それがおれにとってのコーヒー以外の要素だったりもする)。
毎月新しいタイトルが配信されてそのたびに一喜一憂してマジで泣いたりしてたものとしてすばらしいです。いまも遊んでますセガドライブミニ。最高最高。これを買うとおじさんの気持ちもわかるのでついでに買おうぜひ買おう。

ただ、絶対やりそうなアニメ化。そのときに4巻のギャグはアニメになるんだろうかという心配が。最近はアニメ化することで海外のみなさんのリアクション動画がゲラゲラ笑ってるのをみるのが好きなんでさ。ソレ考えると4巻の1番笑ったネタは海外はポカーンになるのかわからないなあ。まあビジュアルでなんか笑うか。

セガ【SEGA】メガドライブミニW コントロールパッド2個入り HAA-2523★【HAA2523】 - 家電のSAKURA 楽天市場店
セガ【SEGA】メガドライブミニW コントロールパッド2個入り HAA-2523★【HAA2523】 - 家電のSAKURA 楽天市場店








posted by すけきょう at 13:17| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

[ホッカイダー1998はじめての北海道編 | 神威バズ | マンガ | Kindleストア | Amazon]

ホッカイダー1998はじめての北海道編 - 神威バズ
ホッカイダー1998はじめての北海道編 - 神威バズ

朝、起き抜けにKindleが容量パンパンだったので大幅リストラを敢行してた。気の向くままにバンバン買った無料のをおもにザクザク削ってた。
で、これ。無料だけどまあ表紙も表紙なんで消そうと思ったけどなんか引っかかるものがあったのでチラッとのぞいたら最後まで夢中になって読みましたよ。


一念発起して会社をやめてバイクで北海道を一周するマンガ。
バイク旅行マンガというと日本を一周してのちにアマゾンプライムビデオでドラマ化もした「日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜」という名作がある。

[「日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜」2巻 吉本浩二(双葉社): ポトチャリコミック]

名作ではあるんだけど、コメントやらアマゾンレビューだと評判がよくないんだよね。
「バイクに乗ってひとり旅に出る」そのロマンや憧れ、旅での出会い。そういうのがないんだよね「日本を〜」には。人見知りのおっさんがグチグチぼやいたり悩んだりしながら旅をつづけるというリアリティあふれるけどしみったれたとえばそれだけのマンガなんだよね(だから名作なんだよ)。

本作は「それ」がある。「それ」とは?
北海道にツーリングに行く旅人が途切れないワケがわかる。バイクに乗ってひとりで旅を続ける意味がわかる。北海道に惹かれる理由がわかる。
行かないとわからないおもしろエピソードが山盛り。旅やバイクの苦労もあるけど「旅」の魅力のほうが軽く凌駕している。

[日本一旅がしやすい北海道 ?ライダーハウス編?]

作者のサイト。ライダーハウスなるものがあることを初めて知った。知らねえなあとGoogle Mapで検索したら富山には1軒もない(長野にはけっこうある)。なるほど。
そういうところに寝泊まりし、はじめて会うライダー仲間と語らい、情報交換して、次の日におすすめの場所に行く。気が向いたら長めに逗留したり。
なんていうか「THEツーリング旅」。
表紙の絵のとおりの中身であるが、あちこちに写実を感じるのはその場所にいて感じてるから描くことができるんだなと。そういう説得力がある。
羅臼から知床に向かう道がバイクで走ってて楽しくてたまらないので往復するシーンの爽快感はバイクにのらないおれにも伝わる。

まあぶっちゃけ北海道にツーリング旅行きたい!と強い感想をもつマンガです。

コメント 2020-03-03 115843.png
posted by すけきょう at 12:15| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

姫様“拷問”の時間です 2 ひらけい/春原 ロビンソン (集英社)



Twitterでマンガを知ることがとっても多い昨今です。だれかのRTにおいてマンガを読む。気に入った作者はフォローする。同業者同士のRTパスが多いのでますますマンガがタイムラインにあふれかえるというサイクルを実施中です。

本作。悪魔の城に籠城されている姫。毎夜拷問されて国の機密を白状させられる。

1話は焼き立てのトースト。焼きたての美味しそうな匂いのトーストをぱりぱりと割いて、ビーフシチューを食べた皿につけて拷問官が美味しそうに食べる姿で姫様は完オチです。

うん、基本はこれです。2話はたこ焼きです。3話はカレーヌードルです。4話はかわいいクマちゃん、5話は温泉。

なんかみんな内容が想像つくでしょ?その予想を大きく裏切ることはありません。おれも2巻まで買って読んで「うん、1話で思ったとおりの内容がつづいたな」と。

ではなぜ購買にいたったか?というと、本作にある多幸感なんですね。1話をTwitterでみたとき、「コミック買おう」って決め手になったのは、自白したあとのトーストパーティーの描写ですよ。姫さまがトーストを持ちながらスタッフと踊ってる描写。
この楽しさに負けたのです。そして読むと果たしてずっと楽しい。無理なくキャラを増やしたり展開もしてますけど、それぞれみんなナイスなキャラ。カワイイもちょっとしたエロもギャグもみんな絶妙のさじ加減。
なんだろう、風邪で弱ってたときに買ったからかなあともおもうけど、楽しいのはまちがいないです。コミックで読む価値はあるのか。うーむ。それに対しては楽しいのはまちがいないです。と。

[[拷問30]姫様“拷問”の時間です - 春原ロビンソン/ひらけい | 少年ジャンプ+]

・とりあえず1話をどうぞ。この幸せに浸りたいときは読んでください。







posted by すけきょう at 18:20| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

ゆこさえ戦えば(3)福井 セイ (小学館)



「すうの空気攻略」の作者による作品。悪魔と人間がパートナーを組んでバトルを行い勝ち残るバトルロワイヤル。で、最強の実力を秘めてるゆこさんなんですが、驚愕のド天然でゆるキャラなのでうまくいかずに、まわりの相手もほんわか空間に持ち込んでしまうって流れ。

3巻で確信しました。前作「すうの空気攻略」でもそうですが作者の1番の才能はキャラが増えるほどおもしろくなることです。これはとっても有り難いものかと思ってます。
キャラを増やすのは、楽しくなる、にぎやかになる、好きなキャラが増えるとか、いいところも多いけど、反面、話が複雑になり置いていかれるとか、描き分けができずになにがなんだかわからなくなる、増えた分好きなキャラの活躍が少なくなるなどの弱点もある。
というか、弱点にみんなやられるんだよなあ。

本作は巻がすすんでキャラが増えるたびにどんどん楽しくなっているなあと。1巻より2巻、2巻より3巻って。

キャラが増えることにより今回、話もグイグイ進んだしなあ。ライバル登場とか、ギルドに参加、物語を大きく動かす存在と行動とか。王道のバトルロワイヤルストーリーが繰り広げられ、、、ない。と、それらは「起こって」るけど、物語は進んでるけど、キャラも増えてるけど、なんか主人公が微動だにしてない。

そうこれなんだよね。キャラを増やす物語の極意って。主人公がブレてない。本作の「それ」はすごいです。惚れ惚れする。そして笑える。主人公がブレてないことがすべての笑いに帰結するから。1巻1話から変わらない。これは物語の構造そのものもそうかもしれない。

主人公ゆこの度を越した強さ、それは戦闘能力もそうかもしれないけど、同時に超のつく性善説というかお花畑というか。王道の展開になっていくのに主人公は戦ってないと、タイトルに帰結するのよね。

いやー笑った。笑いも1巻から増えてきてる。よかったっす。

(2巻のポトチャリコミック書いたんすけど、発表するタイミングが合わないまま3巻が出てアレなのでついでに載せておきます。たたみます)




追記あり
posted by すけきょう at 12:00| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

時間停止勇者(1)光永 康則 (講談社)


異世界に転生した男。手にはファミコン型のコントローラひとつ。なんじゃこりゃ?といじるもなにもおこらない。ところがスタートボタンを押すと世界が一時停止することに気が付きました。
そこで美女のパンツやパンツの先をみたりおっぱいを揉んだり裸にひん剥いたりする合間にクエストをこなすというマンガです。

光永氏の「怪物王女」「アヴァルト」などのストリーテラーなところと同時にある「チアチア」や「玉キック(原作)」などのエロコメ路線のええ塩梅のハイブリッドです。

いわゆる群雄割拠の激戦区中の激戦区の異世界モノにあって突出して突き抜けてそうな(星の数ほどあるから確証はない)スッキリしたバカ展開の上、それでも張り巡らされている精緻な設定ってのはまあ光永先生らしさといえばそれまでなんだけど、なんていうかなそれでもさらに「これでどうだ!バカだろう!」って痛快とキレと覚悟っていうんでしょうか?それがちょっと段違い。

そいでまたダークエルフの子をはじめとしてキャラがいいんだよな。これから活躍してくれそうだし。なお表紙の女の子はシーフ。

ということで2巻以降も楽しみです。異種族レビュアーズもなったんだし、本作だってアニメ化いけるやろ(うん、そういうレベルでエロです)。そこまで期待!




posted by すけきょう at 22:05| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱらのま 3 kashmir (白泉社)



白泉社「楽園」連載。プータロの肉感的妹があちこち気ままに軽率に電車でひとり旅するマンガ。日本に実在の場所。
今回、メガネ女子友とのふたり旅編ほか、JKとの出会いとかもあります。そういうのがあるから余計に彼女のひとり旅が際立って感じます。スイカに塩、バニラアイスに醤油、かた焼きそばに酢みたいな。

ひとり旅でいうと「line13 1/2」の寒いところを寒い寒いいうて歩いてるのがいいなあ。あと「line15」のラストもとてもいい。ここ(3巻では東成田駅が今回1番いきたいわ。あと勝田台駅にあったサンテオレも行きたい。千葉に行きたいんかおれ。(サンテオレは富山市にあったんだよ。撤退の流れとか鑑みてもけっこう長い間)

メガネ友とのふたり旅でお互いに気を使ってる旅とかもいいよなあ。最初に書きましたが本作が連載されてる「楽園」は「恋愛系コミック最先端」というキャッチフレーズがありますが、そこらへんは「これ」なんでしょうかね。ひとり旅だと70%でもいいけど誰かと行った場合そのひとに100%を楽しんでもらいたいっていいよねえ。それがお互いの愛として滲んでる感じ。最先端の恋愛や。

ということで、ちょっと旅にいってヒマと不便を満喫したいわーと(新型が蔓延してるご時世なのでちょっと勇気が必要ですが)。毎巻同じこと思いますが、なかなか実行に移せない自分の不甲斐なさを噛み締めたり。



posted by すけきょう at 02:18| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

異種族レビュアーズコミックアンソロジー ?ダークネス? VA. 天原/masha (KADOKAWA)




これを書いている現在は5話にもなるけどいまだに放映されてるのが不思議な気分になるアニメ版が好調らしいですがその作品のトリビュートです。
トリビュートやらスピンオフは「安かろう悪かろう」をひく確率がいっときに「戻っ」たので、まあ、もう、だいぶ購読をやめたりスルーしたりが多くなってきましたが、これはいくつかある例外のひとつです。

その界隈では定評のあるひとが、「異種族レビュアーズのトリビュートの依頼きてるけどやる?」「はいぜひとも(0.2秒)」って感じのノリノリがすごいです。

異種族レビュアーズは異世界っぽいところのいろいろな異種族の風俗でエッチなことをしてクロスレビューを書くというマンガです。

つまりは、人外のエロエロマンガってことですね。そりゃあ「そのスジ」のひとは、公式でお許しがなかったら普通にコミケで薄い本出したるわって世界ですよ。

ビッグネームが多いんだ。順不同敬称略で全員書いておきます。

オヤカド、クール教信者、奥ヴぁ、カラスちゃん、眼魔礼、田倉まひろ、ソルビップB、シンドール、臼歯カゲロウ、遠田マリモ、ユウキレイ、かふん、檜山大輔、石村怜治、特急みかん、中村モリス、新津ニイ、こめつぶ、西義之

正直知らないひともいますが、大人気作家、ジャンプ作家、大好きな成年コミック作家など、バラエティに富んでます。

・「モンスター娘の日常」のオヤカド氏が母乳をテーマにした罪深いのを2本立てで載せて度肝を抜いたと思ったら、そのまま次に、おっぱいマンガの第一人者になった感のあるクール教信者氏がちがった視点からの罪深いおっぱいマンガを書いたり(そういや、クール教信者氏は原作者の別のマンガを連載中ですな)。
・ちょうどこれを書いててときにアニメで放映あった単眼娘とのプレイを描いた、眼魔礼氏はさらに微に入り細に入りの罪深いのを描いていた。まぶたの奥にいれるプレイとかウエルカムドリンクって目薬をさしてドバーっと出した涙を飲ませたりとか。
・田倉まひろ氏は成年コミックでも出してるだけあってゾンビものでガーンと攻めてきてる。
ハーフリングとのプレイってものすげえ普通にロリマンガなんじゃ?ってソロビップB氏。

あ、そうか。本作は本編とちがってそのものプレイをじっくり描いてるのが多いのが特徴だね。つまりは原作の天原版の元祖異種族レビュアーズに似た趣。

・アニメ版4話で印象的だったハイエナっ娘はチンチンがあるってのをうまく使いセックスカウンセラーをやってる話のシンドール氏のも技あり。

かようにいろいろな切り口がある受け皿の広さも本トリビュートがとってもいきいきのびのびしている理由かもしれない。本編は成年コミックにしないための制限や抑制あるもんな。本作はわりにそれがない。というかなんで成年コミックマークついてないんだろう?

・本編にはまだ登場してない(気がする)、竜宮城のお魚っ娘とのプレイを描いたかふん氏。

・火竜娘との焼き肉を「孤独のグルメ」パロディにした檜山大輔氏。なるほど焼き網を交換するってつまり嬢のチェンジでもあるのか。

キリがないなあ。

と、みんなイキイキのびのびしたマンガを描いておられて、その風通しの良さにすがすがしささえ感じられる逸品となっておりますですよはい。




本編4巻もおもしろかったよ。ついでみたいでもうしわけないが、元祖は負けてへんで!って熱さは感じた。

つか、ちょっと。パペットドール(木の人形っ娘)の股間にドリルでアナを掘ってオナホールを装着するプレイとか、ドワーフの娘(あごひげの長さは髪の毛の長さと同じでチャームポイント)なんかはとってもいい感じだった。
そしてけっこう展開しつつある。そういや「ダンジョン飯」も4巻からまたちがう毛色の話になっていったよな。それを思い出したわ。



posted by すけきょう at 15:28| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

鬼滅の刃 19 吾峠 呼世晴 (集英社)



とにかく売れてるよね。2019年はすごかったし、今のところそのすごさは持続している。2020年2月初頭、マスクと鬼滅の刃のコミックが全世界的に不足してますよ。

まわりにいる普段ほとんどマンガをみないようなひとすら話題に出てます。書店では「1人1冊」という張り紙とともに独立したコーナーを用意されてる。そして全部そろってる売り場はない。すごいことだよなあ。個人的に過去10年以上こういう特別扱いされたマンガをみたことないわ。ONEPIECEやドラゴンボールの全盛期ってどうだったんでしょうかね。覚えてないです。ともかくそれと並ぶほどの売れ方をしているわけですね。

で、そんな売れ方をしてるマンガとは思えないようほどの凄惨な戦いが繰り広げられている最新巻です。というか、ここんところずっとそうですね。というか最初からそうですね。鬼のように強い鬼と血みどろの命のとったとられたの戦い。19巻でも誰にも「平等」に手心をくわえてない戦いをしてますよね。すぐにあちこちの身体の部位を切られたり欠損したりしてます。

正直なところ、物語の途中には、もう二度と読みたくないくらいの冗長なところもあります。具体的には遊郭の戦いでしょうか。くどいっちゅーねんって感じで。それが嘘のように展開早いですね。まあ、主人公が今巻で3コマ4コマくらいしか映ってませんしね。急いで進行させているのでしょうか。

とはいえ、それまでに丁寧に描いていた他キャラが縦横無尽に活躍している。まったくもって最高の読み応えです。
ほぼはじめて戦うようなキャラがたぶん人生で1番難易度の戦いをものすごいスピードで行われてるってのがすごいよなあ。あ、このキャラはじめて戦ってるんじゃないか? の2コマ後、腕を切断される。マジか!みたいな。

それでいて、無駄な前フリなしで、敵も味方も最初からアクセル全開で戦ってるのもすごい。バトルマンガ全般的な様式美ではあるとおもうけど、初バトルでは敵も味方も多少の「プロレス」があるじゃない? 攻撃をして受けて、その上をいく攻撃をしてそれを避けてみたいな流れ。それがものすごい早くて、なおかつ、どちらもすごさがちゃんと伝わる。このプロレスの最大の効果は戦ってるひとが「強い」ことを表現することだから。

19巻の後半3/5ほどを占める上弦の壱の戦いはすばらしいテンポと戦いで、作者のバトルマンガ描画のピークなんじゃないか?と思いましたわ。








posted by すけきょう at 17:04| Comment(2) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dr.STONE 14 Boichi/稲垣 理一郎 (集英社)




なんだこのおもしろさ。14巻も最高じゃないか。
なぜか人が石化した世界。科学で謎をとき敵を倒し世界を元に戻そうという話。
意図的に石化することのできる敵と戦っております。
この「戦い」がいいんだよな。
たとえば14巻でも様々な「戦い」が起こる。「なんでそうなったか?」ってのをイチから説明してると長くなるしネタバレになるから省略するけど、
石化した味方をこちらに持ってくる戦い。
石化した味方を海から引き上げるために酸素ボンベを作り潜り引き上げる戦い。
ドローンを作る戦い。
敵の謎を命がけで探る戦い。
1番の敵を交渉で寝返させる戦い。

通常の敵と技術やチカラで武器を持って倒す「戦い」ではないものばかり。だけど、その興奮度、達成感、勝利のすばらしさは同じ。そこが本当にすばらしいんだよな。
これらどれが特別ということじゃなくて、たくさんの味方の命をかけ能力のギリギリでなんとか引っ張り出した「勝利」なんですよ。そら、あんた涙も出るし「うっ」ってちょっと声も出るってもんじゃないですか。

個人的に14巻ではこれまでそんなでもなかった龍水というキャラがとりわけかっこよくてな。見直したわ。そして2期が決まってるアニメ。たぶん、そこじゃたぶん登場しないので3期で登場するだろう彼がアニメで活躍するのがみたくてたまらない。

同日に社会現象にまでなった「鬼滅の刃」の19巻とともに発売しました。こっちも文句なしにおもしろかったです。そしてこの2つが連載されている「週刊少年ジャンプ」というマンガの恐ろしさをしみじみと思うのです。こんなに「おもしろい」が偏っていていいのか?と。(いや、他にもおもしろいはあるのでいいのですが)

世界は「おもしろい」で満ちていてありがたい。







posted by すけきょう at 13:36| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする