2017年07月14日

粘菌人間ヒトモジ 1 間瀬 元朗 (小学館ビッグコミックススペシャル)


映画化もされた「イキガミ」の作者の最新作。
設定にしびれて衝動買しました。
人がストレスを感じると身体が溶けてアメーバ状になるという奇病。そのまま放置すると唯一残ってた頭部も含めて固まってしまい、そして胞子をばらまく。ところが、アメーバ状の段階で、ストレスを解き放つと元の身体に戻る。そのために奮闘するスタッフの話。
ちょうど「このマンガがすごい!WEB」でランキングに載っていたので併せて買った「ジャガーン」という作品も同様にストレスを感じると化物に変身するということで、双方ストレスで「死ぬ」って題材でも調理法がちがうもんだなと感心(ジャガーンは2巻発売時に取り上げる予定です)。

1巻には2つの話が収録されており、そのどちらも一筋縄ではいかない複雑な人間模様が描かれていて非常に読み応えがあった。

浮気がバレて奥さんと娘に実家に帰られた旦那が粘菌人間になる話と、ヒモだった彼氏に逃げられた女性がなる話。

そのどっちもかなりこみいった複雑な話で、そりゃあ粘菌になるわなーって。とくに1話の後味の苦さったらないなあ。

そいでもってこの粘菌人間の意味もまたあるのがおもしろいね。地味になりそうなのがけっこうなアクションエンターテインメントになっている手腕もすげえし。粘菌は自分で制御できるんだよ。だから怪奇アメーバ人間になるわけだ。しかも、「話」にするくらいだからベタな話はない。結婚してくれないから粘菌になるのは、「結婚します」っていえば一瞬で解決だし、そういう例は解説シーンで見せているし。

しかし、1回粘菌になって戻ると身体の傷とか、たとえば人工物が埋め込まれていたりしたらどうなるんだろうな。おれなんか心臓の弁が人工のものだからなあ。ケガとかキレイに治るならお徳用ではあるけどな。粘菌になった自分を動かすってのもやってみたいとは思うし。ただそのためにストレス抱え込むのはイヤだけどさ。

おもしろかったです。次巻が来年の夏ってのは待つなーって。


posted by すけきょう at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

サトコとナダ 1 ユペチカ (講談社 星海社COMICS)


ツイ4ってTwitterで毎日やってる4コマってのに連載されているそうです。
アメリカを舞台として日本人サトコさんとサウジアラビア人ナダさんのシェアハウス日常4コマ。
サウジの女性だからもちろんイスラム教でよくある顔を隠すネタをはじめイスラム教ネタが盛りだくさん。それでいて年頃の乙女なのでそういう折り合いネタとか。

たとえば。
ナダさんはすごくおしゃれで衣装持ちで髪もネイルも徹底的にやる。でも外では隠す。サトコさんはそれでは意味がないんじゃ?と思うけど、知ってる人におしゃれであること可愛い服をきて似合うことが伝わればそれで十分と思っている。
イスラム教は1日に5回祈る。だから女性の教徒のために保健室(2人は学生)の片隅にお祈り用のスペースが用意されている。
あとアメリカあるあるとして映画館でポップコーンを買ったらハンドソープみたいに押して出すバターソースがあってそれがかけ放題だって。

異文化交流のおもしろさと、後半になり少しストーリーマンガ的な展開もある。同じ女性でもあり、まったくの異文化だから「そんな考え方もあるのか」ってお互いに思ったりな。
絵もだんだんとイスラム女性が可愛くなっていくのがいいなあ。
めっけもんでした。
posted by すけきょう at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

六道の悪女たち 5 中村勇志 (秋田書店少年チャンピオン・コミックス)


毎巻毎巻感心するけど5巻はひときわすごかったな。
ネタバレになるかもしれないけど大いなる助走巻だったんだよな。6巻の大波乱に向けて。タイトルに合わせたのかしらねそこらへん。今気がついたけど。
4巻でボスキャラに匹敵するメンバーがいっきに転校してくる。彼らは微妙に目的意識を持ちつつも仲良くなっていく。そして5巻ではそのうっすらと不穏な影を残しつつも学園祭にむけて和気あいあいとやっているのだけど、、、、って。
だから5巻全体は伏線であり6巻の爆発のためのあえての静かなおとなしめな展開だった。そこで無理なく6巻で「爆発しやすい」要素を上手に配置していっている。しかもそれは読者に飽きさせず。だからこそ5巻の終わりに衝撃を受けるわけです。ネタバレですまんことですが。
だから「よく1巻分しのいだなあ」って。

6巻が楽しみなようなこわいような。どう考えても無事に終わる気がしないしね。


posted by すけきょう at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

BEASTARS 4 板垣巴留 (秋田書店少年チャンピオン・コミックス)


4巻にきていろいろなことが急に道がついて最高におもしろくなってきた。
これまでいろいろと散りばめられていたことは「このことだったのか」とキューっとまとまった巻。
ケモノ社会における青春物語。
ケモノでもあり、青年でもあるのがポイント。
主人公ハイイロオオカミのレゴシは草食動物であるウサギのハルに恋をする。
ここでポイントはこの恋がなんなのかわからないということだ。
ご存知の通り、肉食動物は草食動物を捕食する。人間同士ならば表現としてある「食べちゃいたいくらいカワイイ」がそのままの言葉になる。実際に、肉食動物の「食欲」に関しては風俗があるくらい。すなわち、草食動物で食い詰めているものが血を売ったり、「指」を売ったりする。それを同級生が買うわけよ。それは本能みたいなもんで肉食の味を知ったらもうとまらないってなるそうで。
だからこ草食動物を愛した主人公はその愛とはなんなのか苦悩するわけですよ。そこにすべてがフォーカスする。そして各キャラクターがいっせいに動きはじめる。4巻のはじまった感は尋常じゃないよ。


posted by すけきょう at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

青猫について 2 小原 愼司 (小学館ビッグコミックススペシャル)


完結。キレイにまとまっていたけど、超濃厚な内容からしてもうちょっと「いろいろ」あったのではと勘ぐってしまう。
だけど温めてた全部投入してやれとばかり、エロもグロもてんこ盛り。過去も未来も今もてんこ盛りで、この話を描ききった感がスゴイ。

とくに1巻でリミッターの外れたグロに度肝をぬかれたけど2巻ではエロもすげえんだこれが。

あと、おれでもわかる数々のオマージュと、おれが知らないだろうオマージュ。これらも多いね。
勝因はありそうでなかった設定やなあと。戦後すぐの殺伐とした昭和で圧倒的に強い少女剣士ね。

これはぜひ実写映画化してみたいな。最近ぬるま湯な映画ばかりの三池監督にでも。BiGで10億円当たったら5億出資してもいいから思い切ったのを作って欲しいわ。

打ち切りかどうかはわからんけどアイアムアヒーローをはじめとしgdgdエンディングの多い小学館においては目の覚めるようなキレイで短い打ち上げ花火出会ったことよ。



posted by すけきょう at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

彼女に合わせる顔が無い 1 磐秋 ハル (集英社ヤングジャンプコミックス)


顔のない少年が竹を割ったようなさっぱりした性格のかわいい少女とつきあうラブコメマンガ。
デュラハンというのでもなくただ顔がない。話すことができるしみえたり聞こえたりもあるしゴハンなんかもある。ただ、顔のあるべきところには何もない。バストアップに該当するところが幽霊ということになっている。
ポイントはそれでもテレたり顔が赤くなっているところがわかったりするということかな。
それ以外はわりにヘタレだけど純粋で一途な男子とそれに惚れてる「いい女」のラブコメです。
王道だーって1巻は楽しく読ませていただきました。サブキャラも手堅い配置だし、顔がないネタとラブコメ、いい女ネタ、それぞれいい感じです。
ただ絵はかなり発展途上です。かなりです。
でも、絵は描いてると上手くなるし。それ以外のスキルはバッチリだから3作目くらいはホームランを打ちそう。



posted by すけきょう at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

ワンダーランド 5 石川 優吾 (小学館ビッグコミックス)


4巻でアキラかよってツッコミを入れた記憶があるのですが、アキラが登場しちゃったよ。
ということでよくわからなくなりました。どうなりたいんだろう。この物語の先にみえる風景はどんなものなんだろう。

最高に残念なことですが、それにあまり興味を持てないです。

おっさんがたくさん登場するってのがサイキックバトルにしちゃ新味ではありますけど、おっさんは死ぬため要員という感じが強いってのもなああ。

あとまあ「アリスと蔵六」にもつながるなにかがありそうだよな。




posted by すけきょう at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

ど根性ガエルの娘 3 大月悠祐子(白泉社ヤングアニマルコミックス)


ネットでも話題だった15話を含む最新刊。
15話を待つまでもなく不穏な雰囲気は充満しているよな。13話から18話まで収録。
ど根性ガエルの娘として生まれた筆者。ど根性ガエル連載終了から家族を捨てて失踪したりやりたい放題してた親。でも、今は幸せってオチから先を描いているのが3巻。
いろいろあったけど落ち着いたはずの1話ファーストシーンがそうじゃなかったことをトリックをあばくかのように描いたことで話題になった15話だけど、これらはわりに「終わった後」の話しではあるんだよな。
彼女が描きたいのは彼女の中にすむ「わだかまり」という名前のモンスターを退治するためなんだと思うんだよな。
父も母も弟も過ぎたこととしてとらえているけど、娘(筆者)は現在進行系で心中でざわざわと蠢き続けている。
3巻ではそれの首根っこを捕まえたという会心の一撃感あるね。
ゾクゾクする。非常におもしろい。
こういう「心の病」系のモノでは1番アグレッシブではあるよな。

[ヤングアニマルDensi]

ネット連載のこれ。19話と6/30の番外編がすごく良かったです。ぜんぜんこれまでのとちがう方向で。3巻はすごかった。でも、おれは「その先」が読みたい。

[とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話 佐倉色 飛鳥新社: ポトチャリコミック]

この方にも読んでもらいたいな。


posted by すけきょう at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

キリカC.A.T.s(2)伊藤 伸平 (双葉社アクションコミックス)


変身アクションモノといっていいんでしょうか。
猫スーツを着て悪の宇宙人と戦うアクションマンガでです。2巻目。
特徴は近作よりはアクションがハードでグロ描写もわりと思い切ってるってことでしょうかね。
相変わらずのハードなアクションでのドタバタしたユーモラスなノリは唯一無二ですね。伊藤氏の最大の持ち味はココじゃないかと思います。
香港の謎のキャラ、洪さんがとっても良い味わい。戦隊ヒーローによく出てくる敵か味方かよくわからん色でいうと黒のことが多い人ですね。後半の出現シーン最高でした。

主人公もタバコを吸う女性ヒーローっていいね。時代の逆行感。

ということで、伊藤版ニチアサヒーロータイムは2巻も好調です。ニチアサのほうは時間が変わりますけどね。



posted by すけきょう at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

白暮のクロニクル 11 ゆうき まさみ (小学館ビッグコミックス)


最終巻。
10巻がクライマックスといえばクライマックスだったので11巻は物語の「真相」に静かに触れていく感じ。
ゆうきまさみ作品は、パトレイバーにしても鉄腕バーディーにしても究極超人あ〜るにしてもそうだけど、物語のテンポや構成がマンガのそれよりも小説や映画のようなものを感じる。だからそういう感じの小説の余韻が深めのやつみたいな。

傑作だったけど、まあ、11巻はこんな感じか〜ってみてると、最後に油断してたわ。なんだコレ。
と、最高傑作になってしまいましたよ。ズルいよなああれ。

いい作品でした。メディアミックス目論んでるやつは11巻まで描けよ。ラスト2p描けよ。




posted by すけきょう at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする