2018年05月17日

あをによし、それもよし 1 石川 ローズ(集英社 ヤングジャンプコミックス)


奈良時代にくそミニマリスト野郎がタイムスリップ。で、奈良時代はそいつにとっては理想そのものの暮らしをしているのですげえしっくりいってるマンガ。
これが書店店頭で表紙や帯からの情報。うーむ、まあ、「テルマエ・ロマエ」的な感じかーって「おためし」で買いました。これだいぶヒット。

1行目の設定が水も漏らさない完璧なモノなんだよね。これがおもしろさの8割くらい。
奈良時代より古いとちょっとゲットワイルドすぎる。そして主人公がミニマリストじゃないと不便なので文句ばかりになる。だけど、家にやっかいになってるやつとスーツを取り替えっこして、むこうはYシャツのすべすべした生地にうっとりしてるのに、ミニマリストのほうは「これ天然麻100%だよ?最高じゃん!」「家になにもないの最高じゃん!」のヒトなので最高なんだよ。

そいでもって役所づとめの拾ってくれた相方には、「すてきコトバ」をプレゼントするわけよ。それがタイトルにもなってる。「あをによし」「あしひきの」とかな。主人公が学校で習って覚えてた程度の和歌や歌知識により奈良の貴族で1大ブームが起こったりする。それで相方が出世する。

この設定が非常にスムーズにかみあってていちいち「おおーなるほど」と感心する。

ただ最後の方、わりと無茶苦茶な設定をぶっこんでくるんだよな。これまで丁寧にやってきたことみんなひっくり返すような。だから2巻以降どうなるのか。

してみると、タイムスリップものって3巻くらいが新鮮フィーの限度なんだな。だから3巻でけっこう路線が変わっていく気はするな。「タイムスリップオタガール」も「アゲイン!」もそうだったし。

ともかく、1巻は感心した。2巻も買うぞ。





posted by すけきょう at 21:41| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

バディドッグ 3 細野 不二彦(小学館 ビッグコミックス)


衝撃の3巻だった。ますますすごくなる。
AIBOのようなロボット愛玩犬。ひょんなことから出世コースからはずれた45歳のサラリーマンのもとにやってくる。ただ、これが愛玩犬ロボにみせかけた世界一のAIだった。
ということでネットにつながることによる全知全能を得てるという感じでのすごいものがいるドタバタ騒ぎの「居候モノ」です。
氏の「ギャラリーフェイク」が手塚治虫氏の「ブラックジャック」にインスパイヤされたものだとすると本作は藤子不二雄両氏の「異物」の居候モノのオマージュになるわけですね。

そして1行目のとおり3巻が衝撃。主人公のおっさんが胃がんで入院です。そこで犬はあらゆる知識やリサーチをもって彼を助けると。
コレ、いわば、のび太の入院にドラえもんが未来の道具で助けるって感じでね。こんなのみたことある?前人未到の領域じゃね?

しかも3巻のほとんどをしめるこの入院編は「理系」要素が少ない。あ、ちょっとコトバが足りないか。文系、すなわち、情に訴えるシーンが多いのをロボ視点の理系でクリアにしていく感じがとてもいい。

またいうたらなんだけどガン患者が身内にいるとき「あるある」がいちいちリアルでな。
奥さんが「あなたのため」ってことであやしげなセミナーに通って、あやしげなお茶を買いはじめるとかな。それをかなりおもしろい方法で解決したりとか。

いやほんと「すごいこと」を描いているので、みんなもっと注目して読もう。




posted by すけきょう at 23:50| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

淑女たちの都市伝説~蜜桃のしたたり~ 大見 武士(リイド社 SPコミックス)


大見 武士氏は「名前買い」してる作家なのですが、カバーの裏見返しにこれまでのリイド社の作品が全部ならんでるのをみてはああ全部持ってるなあと。
だいたい毎年1冊発売していて近年は女性に特殊な性体験を募集しておきコミカライズという「てい」で1冊です。どこかで創作と体験の割合を書いていたな。
今回は「聞き手」が登場します。女性編集(創作だろうな)が体験を話す女性と会ってエロ話を聞き出すというスタイル。まあこれまでのよりリアリティはちょっと出るね。エロ話以外のかけあいとか。

アマゾンレビューでも指摘されている方がいたけど、風俗で働いている方の体験談が多かった。「変わった性体験」ということでいえばそうなるよなあやっぱりとは思う。

適当に流して教師やってたつもりなのに卒業した教え子が「先生みたいになりたくて教師を目指しました」なんていわれたから食っちゃったり。
男子トイレでオナニーするクセがついたOLがある日、男子トイレでオナニーしてる新入社員がいることに気がついて食っちゃうとか。
38歳すぎて独身で処女でもうどうなってもいいって出会い系で処女を捨てて、以来ずっと中出ししてるとか。

そういうのー。

個人的に好きなのは、男女2人づつで麻雀やってるうちに「脱衣麻雀しないか」ってはじめて下着同士になって残されたカップルがはじめるっての(乱交じゃないんだよ)。女性編集が「ありがちですね」ったら「こんなアブノーマルなことをしたことない」って食って掛かるってのがよかった。

もはや超安定の1冊だね。それが悪かろうはずもなく。



posted by すけきょう at 22:02| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

ノブナガ先生の幼な妻(2) 紺野 あずれ(双葉社 アクションコミックス(月刊アクション))


織田信長の生まれ変わりの男性教師がその時代から関連する女性を呼び寄せたり転生させたり憑依させたりですっかり戦国のハーレムのところだけ抽出した形になってる2巻です。

絵が非常に気になります。今回とくに気になった。1巻のときはさほどでもなかったんだけど。とくにモノと人間の対比とか。人物はさすがにそれがアウトだとオシマイだからしゃんとしてるけど。でも、それでもちょっと危ういか。なにかあったんだろうか?って心配するレベル。

話はいいんだよ。ハーレムになったら楽しいだろうってことで実際ハーレムになるんだけどこれが全然楽しくないし、読者としても楽しそうにみえないんだよね。その見せ方は非常に上手い。
かと思ったら返す刀でエロシーンはちゃんとエロいしなあ。現代人(同僚のボインとか教え子とか)の憑依のパターンだと憑依するとメロメロになるけど、実際はすごく恥ずかしいことを強制させられているようで好きになれないって感じとか。
戦国時代からきたロリ2人は風呂でボディ洗いとかな。そういうバリエーションはさすがベテランっす。それでいてピースフルですしね。

なんか大変かと思いますが絵のほうがんばってください。もったいない。



posted by すけきょう at 19:07| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

BEASTARS 8 板垣巴留(秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)



おー、各種漫画賞を総なめにしている系のことを書いてある帯だ。
ズートピアってももはや通じなくなっているくらい昔になったのでわりとワン・アンド・オンリーになってきた、動物の世界のお話。

大きな話が進行しているけどその着地点がわからないので、昼は学園生活。夜は闇市場のある通りの開業医のもとで修行しているハイイロオオカミの主人公と、演劇部の部長だったのがヤクザの親分になってしまったアカシカとの2つのライン。あと、1巻冒頭の学校内で草食獣を食い殺した肉食獣は誰か?ってのか。どのラインもいいですね。ただ、わりあいとその本筋が「ふんわり」しているのでそこいらの着地点は提示してほしいかもしれないし、それがつまりちょっとだけふれていた「ビースターズ」のことをさすならもうちょっとそのネタを繰り返さないと忘れられるぞ。
ハイイロオオカミは元ヤリマンのウサギで、アカシカは肉食獣の中でストリッパーをしているオカピといい仲になったりしてるね。どっちも非処女なのがいいよな。そいでいて通常の少年漫画だとヒロインをつとめそうな、ハイイロオオカミで演劇部で美少女で性格のいい子はだいぶ端役になっている。

個人的にはやっぱり本線に関係のない読み切り作品がいいんだよね。今回はSNSを軸にヒョウとヒツジの友情を。そういうのばかりある短編集をやっぱり買っておこうかしら。

ああで、それを鑑みるに本線の展開ってのは少年チャンピオンに連載していることを意識して、少年マンガ的なハイイロオオカミと、少年チャンピオン的な裏社会のきったはったをアカシカに委ねたのかしらね。だって、前のカタチの「AIの遺伝子」みたいに毎話読みきりの上記のような動物ショートって連載形態も可能だったんだもん。というか、おれが編集ならそうしてた。でも、このような形態にしたのは編集のひらめきだったのかしらね。



posted by すけきょう at 19:13| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

六道の悪女たち 9 中村勇志(秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)


評価がむずかしい9巻。

もはやあらすじは六道と愉快な仲間たち(ヤンキー&オタク混合)がチーム一丸となってがんばる話。
9巻ではこれまでの最大の敵との戦いが終了。それが巻の1/3で残りの2/3は日常編3連発なんだよな。
これがぬるい。ほのぼの。ピリッとした大ネタのあいだにそれがあるといいけど全部それだもんな。
クオリティは高いママ。おれもなんやかんやファンだから読んでて楽しい。でも、全部ぬるいのはいろいろどうかよ?って。
引き合いに出すのはアレだけど「ゴールデンカムイ」。この作品は大きなスジが1本ある。そいで連載1回のあいだにあらゆるものを入れる。1ページ前までグルメマンガかと思ったらシリアスになって次のページはギャグ。ページをめくったらどうなるか予想もつかないジェットコースター感。こういうのが現在、同じ戦場にいる以上、日常オンリーってことで1本にするのはインターミッションとしてはありかもしれないけど、3本続いちゃなあとは。GWかよ。ゴールデンカムイとゴールデンウィークとかけました。あんまり「次」につながってる話でも無いしなあ。仮にこのインターミッションの出来事が伏線になるならもっとそれらしく漂わせないとダメじゃねえかとも?

ちょっとdisってるかもしれないので丁寧に説明すると、ベタだけどたとえば、六道の特訓編はその成果が現れて強くなるとかな(それやると根本からおかしくなるからないだろうけど)。あと、六道に惚れてチームにはいるけど、別々のダーリンをみつけるってのもいろいろと複雑な展開を呼ぶ可能性は秘めているけど、それも本作のノリや流れからどうかな?とか。
難しいのはわかるんだよな。そもそも9巻の表紙にもなっているランナさんをDr.スランプでいうところのアラレちゃんにしたからな。彼女よりも腕力でまさるひとがいないしなあ。

謎なんだよなだから。作者もそうだけど編集はどう考えていたのか。鬼島編が大変だったから次のネタまでちょっとインターバルが必要だったのかね。
ベターだったのは、作者に鬼島編のあと2週くらい休んでもらってついでに次の展開を考えてもらってインターミッションは1回で次の悪女を登場させる流れにしたほうがよかったんじゃないかなと。ま、それもいろいろ難しいか。でも、本作とBEASTARSの作者は無理させている気がするんだよね。

コンビニで売ってる総集編的なコンビニコミックだと9巻の2/3は収録されないだろうなあ。そういうところを出すくらいなら休んでリフレッシュさせてもらったほうがって思うんだけどまあ秋田書店の人でも中村先生の知り合いでもないのでなんとも。


10巻はまた次の展開がはじまりそうだけど。




posted by すけきょう at 13:19| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

空挺ドラゴンズ(4) 桑原 太矩(講談社 アフタヌーンKC)



最高かよ注意報。
ドラゴンが空を飛び回るマンガ。それをつかまえることを仕事にしている空の漁師らが主人公。
4巻ではお金持ちの龍マニアが登場してひと波乱。
本作、しみじみと設定と描画は鬼のようにすばらしい。そしてキャラは普通。
「これを描きたい」のメインがその龍刈りの世界で龍が落ちたことでできた街などの設定。だから、4巻の龍の生態を余すところなくみたいと願うマニアは作者に近いじゃないかと思ったりもする。
キャラは、だから、作者内ではカッコとしてある某作品に出てきたような@@で@@なキャラというのをそのままこの龍の世界に落とし込んだらどうなるか?って化学実験を描写しているようなおもむき。

おれは常々思っているしなんどでも書いているけど、設定はストーリーの従でなくてはならない、と。
でも、本作、あるいは「映像研には気をつけろ」などの「この設定を描くためにマンガを描いている」マンガがこうまでもおもしろいとちょっと考えを新たにするね。「例外もある」と。

そもそも、ジブリのヒゲモジャがそういう人だからな。彼はそれもあるけど、きちんとドラマも作り込んできているから目立たないだけで、基本は飛行機がビュワーンって飛んでればOKみたいなところあるからな。

いやおもしろいわ。ちょっと大きな物語に芯を食っていきそうな感触もあるけど、そうみせかけるだけの「日常」でもそれはそれでかまわないなあとは思う。ただまあ後者はいつか突然飽きるな。


posted by すけきょう at 20:36| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

なんでここに先生が!?(4) 蘇募 ロウ(講談社 ヤンマガKCスペシャル)


1巻ごとに登場人物が変わる。でも、基本シチュエーションが変わらないという設定勝ちのマンガの4巻。

設定は、女教師と生徒の組み合わせ、お互いに憎からず思いつつうまくいかなくてエロハプニングが連発する。そして巻の終わりには結ばれる。あと、作者の1番の武器は柔らかいおっぱい描写だからして全員巨乳。

基本、大きくちがうのは女教師の性格で、1巻はツンデレ、2巻はおっとり、3巻は男勝り、そして4巻は無表情と。

4巻は保健室医でもあります。あと、身体的に特徴があります。これが今回、けっこう画期的で、陥没乳首。それがエロハプニングで刺激されることでムクムク乳首が現れて、無表情だけどちょっと恥ずかしがるという演出。これがとってもエロい。初見は病院の待合室で、こっそり読んでましたがエロいのでてあたりをみまわすほどでした。
「今はソコ… 見ちゃダメ…」と陥没乳首をはずがしがるわけですよ。先駆者ということではないでしょうが画期的で新鮮ですよ。
あとはロケーションとシチュエーションが派手。クリスマスにサンタコスとか、初詣に晴れ着、南のリゾート地などなど。


正直にいうとこれまででキャラが1番好みですので最高でした。そうなんだよな。この方式はキャラが嫌われたらアウトというオチがあるし、キャラがアウトじゃなくてもエロハプニングがあって先生があられもないカッコでエロい目に遭うって基本はずっといっしょなのでキャラを変えてもマンネリ感が出てしまうという、かなりきつい縛りの設定だけどがんばっておられる。

いやあ4巻もキャラびいきってことを差っ引いてもクオリティは高かった。ネタバレになるかもしれないから一応書かないでおくけどおまけ描き下ろしも画期的だった。特装版のカラー小冊子のにしておけばよかったと思った。



posted by すけきょう at 18:15| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

少年ジャンプに人生賭けてみた サクライ タケシ(集英社 ジャンプコミックス)


ジャンプ編集といっしょにジャンプに関わることをルポするマンガ。
「担当編集の出てこないマンガなんて」って吾妻ひでお氏の名言もあるように、基本、各雑誌には編集さんが登場するギャグマンガが1本はあります。いや、ありました(過去形)だったのかもしれないなあ。
そういう懐かしさを感じました。

マカオにいって前の単行本の印税(35万ってリアルな数字だよな)を全部つっこんだり、世界一のバンジージャンプ(ジャンプだから)飛んだり、ジャンプ編集部に行って編集部のヒトにジャンプしてもらったり(ジャンプだから)、各種ジャンプイベントに行ったり、手塚賞赤塚賞のパーティーに潜入したりと、かなり盛りだくさん。人気作家に話を聞くってのは前回でやったのかもしれないので今回はそんななかった。

ルポマンガは読んでいるほうだけどかなり良かった。取材ネタの多様性、それらの料理の引き出しの多さ。
ハプニング的なものとか、キャラの突飛さは無いけど、安定したクオリティ。絵はさっぱりしすぎてる感じはあるけどそれでもきちんと似顔絵のツボを抑えてるのか。

そいでもってなによりいいのは作者の奥さんだよ。ぜったいにいい人ってのがわかるし、作者の愛も伝わる。なんでこういう作品で夫婦愛の尊さを知るんだ?(それは読んでのお楽しみ)

やっぱジャンプはこういうの上手いなあ。


posted by すけきょう at 17:13| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

ぼくたちは勉強ができない 6 筒井 大志(集英社 ジャンプコミックス)


大好調ではあるんだけどちょっとエロすぎへん?
グルメブームの次にきてて去年あたりはラブコメブームってあったと思うんだ。いや、ずっとラブコメは需要があったけど、なんだか多めだったし目立ってた気もするんだよね。
だけどどうもそろそろ一部をのぞいて転換点が訪れているような気がするんだ。グルメブームもそうだったけどさ。
そこで本作はエロの方に注力しだしたような。前からそういうところもあったけど6巻からさらにアクセルを踏み気味になってきたんじゃないかなと。

6巻ではとくに後半畳み掛けるように、水着の上をなくすイベント、男湯と女湯をまちがえてきた女子3人をうまくかばいつつ脱出させようとするミッションと大作がどーんと。
いやエロいよ。10代だったら筒井先生ありがとう!ってなってたかもしれないよ。でも、たとえばおれはその裸やおもにおっぱいよりも、水着ミッションの凝った仕掛けに「おおおお!」って思った。このパターンは史上初だろ。感動したわ。風呂ネタも非常にキャラをうまく動かしていた。
相変わらず1巻全体で均等にキャラの見せ場を用意してるしなあ。なおかつ新キャラも追加している。ここいらの構成やバランス感覚が抜群。本作でよくある人気投票があったらどういうことになるんだろうと思ったりもする。んまあ、毎週レビュー書いてるヒトみたいのがいるから偏ると思うけど(この方は古橋さんのファンみたい)。「全員いい子」状態だからなあ。

ということでエロいのはいけませんとはとてもいえないけどエロが目立つなとは思った6巻でした。





posted by すけきょう at 20:10| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする