2017年08月21日

マロニエ王国の七人の騎士 1 岩本 ナオ(小学館 フラワーコミックスアルファ)


「金の国 水の国」がよかったので長編また試そうとしたけど、あー、そうだった。おれは「町でうわさの天狗の子」とか中途リタイヤしたのだった。

ファンタジー世界の話。7人兄弟の騎士が主人公。もう確実に7人の見分けがつかないしそれぞれに魅力を感じられなかった。
おれは早い段階に人がわーっと出てきてどうのこうのってが絶望的にダメ。本当、ゆうきまさみ氏とかの一部の例外を除いてまったくダメ。
そういうタイプのマンガ家さんはいっぱいいらっしゃるので確実におれの向き不向きの問題であることはまちがいないのだけど、途中ですぐに「こいつなんだっけ?」ってことは起こる。正直「ダンジョン飯」でも起こってる。「ゴールデンカムイ」でも起こってる。おれは登場してセリフをいうキャラが(おれの中で)芯を食ってないと覚えられないんだね。それは現実でもそうなんだよ。
最初に登場した国のお姫様と貴族の子息ってことになってる女性とごっちゃになってもう「なんかわからない」って状態に。すごい血みどろの戦いがあるわけでなし、現実の史実に即した「つかみ」があるわけでなし、すごい大きな話が動いてるわけでもないしな。

それでも「ちゃんと読むと2巻で気持ちいいかも」って予感はちょっとするので2巻までに読み込んでみようとは思います。前記の「ダンジョン飯」も「ゴールデンカムイ」もそういったことで読み続けているわけですし、気持ちいいですからね。


posted by すけきょう at 14:16| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

すうの空気攻略 3 福井 セイ (小学館 少年サンデーコミックス)


2巻に引き続き3巻もキャラが増えました。しかも2人。
田舎からきたすうちゃんが空気を読んでコンクリートジャングルの都会を生き抜く話です。
母から貰った攻略ノートをもとに困った状況になったら打開していくというていで失敗するって感じ。
キャラが増えたために攻略ネタのバランスが弱くなったのでおれ好みの調整になりましたね。
新しい2人もカワイイし、これは俄然おもしろくなってきました。適度にキャラが増えるのはやっぱり鉄板ながらいいもんです。
ただ、どうしたいんだコレ?って問題は近いうちに浮上してきそうですね。



posted by すけきょう at 14:44| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

からかい上手の高木さん 6 山本 崇一朗 (小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)


あ、どうしたことだ。少年サンデー関連のラブコメの最前線をひた走っていて、オビにアニメ化決定とあるのに6巻はわりとつまらないぞ。
つまらないという表現は適当ではないか。おもしろさが薄れてきているぞ。

単純でざっくりした話を描かせていただくと、マンガにかぎらず連続のお話は、1回目が新鮮さのピークでそれは回を進ませる毎にどんどん薄れていきます。そして新鮮フィーが無くなる前に次の手を打って、新鮮さを取り戻すというのがセオリーです。新キャラ、新展開などなどね。

ところが、本作は、高木さんが隣の席の西片くんをからかうマンガです。それ以上でも以下でもないんだよね。永遠に中1だしな。

6巻ではテコ入れといえばコレ以上ない、プールでダブルデートという昭和だったら犯罪になる行為にまで手をそめているし、さすがのクオリティなんですけど、うーむ。新鮮フィーがねー。かといってどう展開させたりテコ入れさせるかというとやっぱり難しいところがあるよねえ。だからこのままでいいし、たぶん、続く限りノータイムで買うとは思うんだけど、7巻では「なんか」あってほしいね。作者も編集も脳みその回路が焼け付くまで考えろ。スピンオフとか考えてるヒマあったら本編をおもしろくすること考えろ。
と、ここだけの話、スピンオフもおもしろいんだけどね。西片くんと結婚した高木さんの話だぜ。
とりあえず最終回近辺かわからないけどプロポーズはやってほしいよなあ。どうやって結婚したのか知りたいわ。


posted by すけきょう at 17:55| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

大きい犬 スケラッコ(リイド社 torch comics)

大きい犬 (torch comics)
Posted with Amakuri at 2017.8.11
スケラッコ
リイド社

「盆の国」の作者による短編集。7編収録。

・住宅地に住んでいる家1軒分ほどの大きな犬との交流を描く表題作。
・じいちゃんが実は「えびすさま」だとカミングアウトして七福神のみんなに会いたいといいだす「七福神ふたたび」
・誰よりもクリスマスが待ち遠しい幸子さんの密かな楽しみ「クリスマス幸子」
・地球がどんどん弱りはじめて、そんなときに地球そっくりの星がみつかったのでみんな移住していったあとの地球の話「梅桃桜」
・田舎で出会って都会で同棲している彼氏の唯一の友達の話「彼の友達」
・給食のおばさんにあこがれてついになってしまったホーライくん(男)の元に対決を挑んできた怪しい男「給食のおばさんホーライくん」
・巻頭の「大きい犬」に憧れるチワワの話「小さい犬」

どれもこれも異様にキラキラしている。圧倒的なメジャー感と、劇場版アニメのようなずっと先を見通せるような透明度の高い世界の広がり(スタジオ・ジブリ感ね)。かわいくて明るくてイヤミのないキャラ。かわいい絵なのに派手な展開、そしてその描写の確実なこと。有無を言わせないハッピーエンド。

個人的には唯一くらいSF(少し不思議)が少なめの「クリスマス幸子」が大好きです。あのハッピーであふれているクリスマスの風景はすばらしい。そしてなによりいいのが「恋愛」(愛はあるね)の要素がないこと(ネタバレか)。クリスマスにそんなモノ要らないんですよ。実写化したい。つか、全部実写化してオムニバス映画にしたい。そのプロデューサーをやりたい。

最高最高。スケラッコ作品は少なくとも今後10年は作者買いする。ハードなBLでも買う。



posted by すけきょう at 13:32| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

タイムスリップオタガール(2) 佐々木 陽子(ほるぷ出版 ポラリスCOMICS)


1巻は正直「まあまあ」って感じでした。
30歳の半引きこもりフリーターオタク女がタイムスリップってか中1の自分に戻るリプレイものです。

1巻では死んだばあちゃんが生きていた「うれしい」。若くて身体が動く「うれしい」。自分の黒歴史発見「うわー」。みたいな感じでしたが、それと同様にあちこちにまいていた種がいっせいに芽吹いた2巻だったのです。

1巻のラストで主人公はこの先の中学生ライフを思い出すのです。テストの赤点の束が親にみつかって暗黒期になった「マンガ禁止令」が起こる。だから先手を打って、というか、もうぶっちゃけようと、「私は実は30歳です」とカミングアウトします。その1巻のクライマックスがどうなったのかというと、「なにバカなこといってんの」と軽く流されるのです。

でも、マンガ禁止令は回避されるのです。なぜかというと、30歳の中身で中学生。引きこもりの反社会的日々を送りつつも、フリーターやって家で穀を潰している手前、家事も手伝うし、「親の都合」なんてのもよくわかるので、風呂を掃除したり、庭の草むしり、ごはんを作る手伝い、風呂に入れなどの急かされることに素直に反応するわけですよ。それが功を奏した。こういうミクロなところを丁寧に描いた点に唸ったのです。

中学生男子なんか子供にしかみえないし、恋人いない歴年齢だとしても30にもなるとそこそこの応対ができるようになっているというので「男あしらい」ってことでも発揮されるけど、それはまあかつてのリプレイモノでもあるわな。憧れの女教師と思っていたけど、40のおっさんからみるとただの狭量な小娘だったとか谷口ジロー先生のマンガでもあったわ。
でも、中学生の時の無闇に親のいうことに逆らったり、「風呂に入る」という行為が死ぬほどめんどくさかったり、今人生で1番大事な時間(アニメをみてる)なのに邪魔するから殺すって感じになるのとか、丁寧に描写して、1巻からの伏線も活かしているのが素晴らしい。

おれは時間モノ、リプレイやタイムスリップモノが大好きなのでわりと手にとって読む方なんですが、こういう流れはみたことないなあと。

あとよかったのは、これまでのリプレイのファンが自分だけだったのが徐々にまわり、たとえば友達と遊ぶことの異様なくらいのありがたい時間を実感したりするシーンもなあ。
「また明日」といってくれる友達がいるってな。
佐野元春さんの歌にもあったね。「また明日」。いい言葉をチョイスしたなあと。

まあでもぶっちゃけると上記の「素晴らしい」ところがあまり描かれないわけもわかるのよね。それはあまり「おもしろい」につながらないからね。どうせ、中学生に戻るんだからもっとドーンっていろいろやれよってことにはなるからね。

そのラインでも動きがあります。そういうときに中学生ってのが効いてくるんだよね。いろいろと「やる」可能性がみえるけど中学生でできることには限りがあるわけよ。その不都合がキモになっている。

それが味わいだけど、それだと話も進まないしなあ。痛し痒し。かといって2巻のヒキみたいな大きなハラハラにはあまり期待しないんだよなあ。どうしたもんじゃろな。

ただまあ2巻はすごく良かった。


posted by すけきょう at 17:35| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ファイアパンチ 6 藤本 タツキ(集英社 ジャンプコミックス)


本当に先が読めないマンガですわ。
なんとファイヤパンチが燃えてない巻。ネタバレになるのか。そもそも読んでいない人にはなんのことかわからないね。こういう毎巻展開がちがうマンガは1巻から延々とあらすじを書いていかないとダメなのでそれもまた辛いし。
呪いと奇跡と愛と憎って紙一重だよなあって。
作者は本当に先の展開がわかって描いてるんだろうかなあって。
そして21世紀のいま、こういうマンガがジャンプで連載されているってすばらしいよなあ。これこそがジャンプがジャンプたる所以だと思うんだよ。ずっとチャレンジャーなんだよな。ずっとジャンプし続けている挑戦し続けているって雑誌の姿勢こそがジャンプなんだよ。それは少年誌で漫画雑誌でダントツの1位をキープして四半世紀以上経つ今でも。ジャンプ読んで育つ日本男児(女児も)はそこにうっすらと影響を受けて生きていると思うんだ。
ところでちらっとみたフランスのオタクフェスティバルの動画にもでかい看板がかかってたなあ。フランス人にはどういうふうに映るんだろう。





posted by すけきょう at 12:27| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ぼくたちは勉強ができない 2 筒井 大志 (集英社 ジャンプコミックス)


2巻いいですね。好調です。
理系の天才が文系の大学を目指し、文系の天才が理系を目指す。あと水泳の天才も。それらの家庭教師役をするというハーレムラブコメ。
1巻から徐々に頭角を現していましたがもはや理系の天才ことメガネショートちびっこ巨乳のリズりん無双になりつつあるような気がします。だいたい3者を均等にメイン回に添えてまわしているんだけど、心に残るのはリズりんネタが多いようなってそれはおまえが単にリズりんがすきだからじゃないかという。まあそれも強くは否定できませんが、クライマックスの林間学校編で美味しいところを一手に引き受けていたし2巻はリズりん無双ってことで大丈夫じゃないでしょうか。なんか頭の悪いこと書いているような気がする。

筒井氏のマンガが上手いなと思うのは描き下ろしの無人島に4人でいったときのおまけネタに発揮されているなと思うんですよね。3pしかないのに非常に読み応えがある。中身が詰まっている。コンパクトに各キャラを活かしつつネタとして昇華しているという。それをまた上手くまとめている。2ちゃんねるのまとめサイトを運営しても能力を発揮していたんじゃないでしょうか(それはなんの意味もないホメ言葉だね)。

2巻にしてキーパーソンになりそうな新キャラが2人投入されましたが、これの導入も自然だったし、すっと馴染んだしな。

あとデフォルメ絵の黒いまん丸を目に下半分をストライプにするヤーツは筒井氏の発明なのかしら。わからないけど効果的ですね。


posted by すけきょう at 17:57| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ワニ男爵(1) 岡田 卓也 (講談社 モーニング KC)

ワニ男爵(1) (モーニング KC)
Posted with Amakuri at 2017.8.7
岡田 卓也
講談社

ワニの小説家が書生さんというか子分のような相棒のウサギといっしょにいろいろなところで美味しいものを食べるという話。
動物が人間の世界で料理自体は普通に人間が食べるようなところで人間のように食べる。
どこに軸をおいて読めばいいのか悩む。
グルメマンガかと思えば、さして食い物に関するウンチクはなし、ギャグマンガにしてはゆったりしたテンポだし、ワニが我を忘れて野生に戻って大暴れするってのがキモだけど、そこで食堂を荒らしたりするのもなーんかなーって感じがするしなあ。
それでもなーんかおもしろいって。なーんかなマンガ。こっちもどう捉えていいのか難しい。芯を食ってないというかなあ。それとももっとシンプルに食えないマンガってことにしようかなあ。グルメマンガってことで。


posted by すけきょう at 17:02| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘木唯子のツノと愛 久野 遥子(KADOKAWA ビームコミックス)


4作収録の短編集。アニメ作家として有名な方だそうです。岩井俊二氏がオビのコメントをお書きになております。
2010年から2017年までの長めのスパンでの4作ということが関係あるのかもしれませんが、多分にシンプルに超絵が上手い人で、4作ともタッチや雰囲気が違います。これが4作とも「好き」っと思う魅力にあふれるものなのが衝撃でした。
4作とも少女が主人公なのか。これがまた4作とも「好き」と思う可愛さがあるし。
それでいて「まだまだ上手くなりたい!」って強いパッションも感じられます。すごい模索してる感じで。切磋琢磨ってるのがわかるのよ。おこがましいけどさ。


小学校のときの担任がいまだに好きで高校生になっても会いにいってるJKがやっているバイトとは、って「IDOL」が1番好きですね。オチもバーンと決まっていたし。


posted by すけきょう at 08:17| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

おじょじょじょ 4 完結 クール教信者(竹書房 バンブーコミックス)


クール教信者の商業誌初連載で1番長期連載が終了しました。そうなんだねなんか意外。小森さんとかメイドドラゴンかと思ってた。
お嬢様と一般庶民の恋の話。
4巻は終わらせるための展開のような気がした。クール教信者氏お得意のスケール大きくなりまーすがはじまって、それはうまいことたたむことができたなとは思うけど、やっぱこうなるなと。ダイナミックプロダクションの諸作品と同じで最後は宇宙で神と悪魔の大戦争になるってのもなれると「ああまたか」くらいの感慨しかないのでな。
あと、もう必要ないと思ってらっしゃるのかわからないけど絵はあまり上達しねえままやなあ。行間を読めとばかり急激に間を端折る(あまり説明口調がないという特長でもあるが)独特の演出も相変わらず。これにリアリティを見出すか不親切を見出すか。まあ、人を選んでしまうよね。
ということで映画マトリックスみたいな読後感でした。1はもう神オブ神だったんだけどなあ。2から急速にって。
いや、悪くはないんだよ?感動したし最後泣いたし。 でも1巻は神オブ神だったからさ。


posted by すけきょう at 14:29| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする